IGGYMOBはプレイステーション4用ソフト『GUNGRAVE GORE』の開発パートナーとしてDIGIC PICTURESと契約を締結したことを発表した。

 IGGYMOBはプレイステーション4用ソフト『GUNGRAVE GORE』の開発パートナーとしてDIGIC PICTURESと契約を締結したことを発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

株式会社IGGYMOB、 PlayStation(R)4専用ソフトウェア『GUNGRAVE GORE』の開発パートナーとしてDIGIC PICTURESと契約を締結

 株式会社IGGYMOB(代表取締役キム・アンチョル)は、現在開発中のPlayStation4専用ソフトウェア『GUNGRAVE GORE』の開発パートナーとしてDIGIC PICTURESと契約を締結しました。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンの公式YouTubeチャンネルで公開されたティザー映像は、公開後15日で40万の再生回数を突破し、TGS2018期間中関心を集めていた『GUNGRAVE GORE』は内藤泰弘氏の合流に続き、DIGIC PICTURESが合流し、また追加的にグローバルのアーティストらとの協業を継続的に推進しています。
 ハンガリーのブダペストに位置しているDIGIC PICTURESは、映画、広告、そしてビデオゲーム産業のフル3Dアニメーション及びビジュアル効果を作る専門スタジオで、「アンチャーテッド」、「コールオブデューティ」シリーズ、「アサシンクリード」シリーズなど、多数のAAA級ゲームのCGムービーを制作しています。
 DIGIC PICTURESのマネージングディレクター、アレックスは、「『GUNGRAVE GORE』は新しいフルブレイク・ガンアクションをお見せします。また、感受性溢れるストーリを自信をもってお見せする準備ができています。我々は、トレーラ、インゲームオープニング、エンディング、それ以外にもいくつかの作業を手伝います。」と話しました。

 IGGYMOBのキム・ミンス副社長は、「『GUNGRAVE GORE』のストーリーを、最も劇的に表現していただくことができるDIGIC PICTURESとの契約のために、すごく長い間努力してきました。過去の経験で共同開発の問題点はよく知っているので、確実にパートを分けて作業を進めています。DIGIC PICTURESのようなグローバルの力量を持つ企業との協業ができてとても光栄だと思っていますし、内藤先生に続いたDIGIC PICTURESの合流によって、『GUNGRAVE GORE』のクオリティはさらに上がると思います」と話しました。

 PlayStation4向けで発売予定の『GUNGRAVE GORE』は2019年12月発売を目標に開発を行っていて、今年の冬、追加情報を公開する予定です。

 また、IGGYMOBはTGS2018で行われたメディア向けセッションにてメディアのみに公開していたDIGIC PICTURESのビデオメッセージを公式YouTubeチャンネルに公開しました。映像には韓国語字幕版、日本語字幕版・無字幕版がアップされております。

公式チャンネルはこちら