『キングダム ハーツIII』宇多田ヒカルさんとSkrillexが歌うオープニングテーマが発表! タイトルは“Face My Fears”

スクウェア・エニックスは本日(2018年9月28日)、『キングダム ハーツIII』において、宇多田ヒカルさんとSkrillexが歌うオープニングテーマ、“Face My Fears”を発表した。

 スクウェア・エニックスは本日(2018年9月28日)、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『キングダム ハーツIII』において、宇多田ヒカルさんとSkrillexが歌うオープニングテーマ、“Face My Fears”を発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

キングダム ハーツIII オープニングテーマは宇多田ヒカル & Skrillex

 株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐、以下スクウェア・エニックス) は、「キングダム ハーツ」シリーズの最新作『KINGDOM HEARTS III(キングダム ハーツ3)』のオープニングテーマに世界的なエレクトロミュージシャンSkrillexと宇多田ヒカルによる新曲『Face My Fears』を起用する事を発表いたしました。
 かねてよりSkrillexは「KINGDOM HEARTS」ファンを公言していたため、彼と親交のあった宇多田ヒカルさんは当初 『誓い』のREMIX制作を依頼。しかしながらSkrillexの「REMIXではなく新たな曲を一緒に作りたい」との逆提案によって、 このコラボレーションが始動。Skrillexとの共作も多く手掛けるPoo Bear(Justin Bieberの『What Do You Mean?』 などを手掛けるレコードプロデューサー)も加わった3人のアーティストによって制作された『Face My Fears』が 「KINGDOM HEARTS III」のオープニングを飾ることとなりました。
 「KINGDOM HEARTS」シリーズにおいて、オープニングとエンディング用に全く別のテーマソングが制作されたのは今作 『KINGDOM HEARTS III』が初めてとなります。

宇多田ヒカル
 『KINGDOM HEARTS III』テーマソングを収録したシングル発売決定! オープニングテーマ『Face My Fears』とエンディングテーマ『誓い』それぞれの楽曲の日本語版、英語版を収録したシングルが2019年1月18日に発売されることも決定!宇多田ヒカルさんがシングルCDを発売するのは、2008年5 月発売「Prisoner Of Love」以来約11年ぶりとなる。

Skrillex
 1988年米ロサンゼルス出身。フロム・ファースト・トゥ・ラストというハードコア・バンドのリード・シンガーだったSonny John Mooreがバンドを脱退後始めたのがこのプロジェクト。
 
 2010年6月にインディーレーベルでミニ・アルバム『My Name Is Skrillex』をリリースしただけで、スクリレックスはメジャーであるビッグ・ビート・ レコーズ(アトランティック傘下)と契約し、EP『スケアリー・モンスターズ・アンド・ナイス・スプライツ』をリリース。2012年第54回グラミー賞で、DJ初となる「Best New Artist」にノミネートされただけでなく、「Best Dance Recording」、「Best Dance/Electronica Album」を含め5部門にノミネートされ、3部門を受賞。その後2013年にリリースされたEP『バンガラング』では前年に引き続き、第55回グラミー賞の「Best Dance Recording」、「Best Dance/Electronica Album」を含む3部門にノミネートされ、3部門を受賞。
 
 2015年にはDiploとのユニットであるJACK Uとしてアルバムをリリース。 Justin Bieberをゲストに迎えた楽曲「Where Are U Now」が世界的 大ヒット。2016年第58回グラミー賞で「Best Dance Recording」ほか 2部門を受賞。ここ日本でも単独公演は即完し、FUJI ROCK FESTIVAL '13でホワイトステージのヘッドライナーとして登場し、雷雨の中パンパンにつまったオーディエンスを熱狂させた。 同年、DCコミックの漫画シリーズに登場する数多くの悪役スターたちが一堂に会する映画『スーサイド・スクワッド』のサウンドトラックにスクリレックス&リック・ロス名義で「パープル・ランボルギーニ」を提供。世界20か国で iTunes1位を飾り、ビルボード・チャートも首位を獲得するなど大きな盛り上がりを見せた。

 2017年にはプロデューサーとして名を連ねたジャスティン・ビーバーのアルバ ム『Purpose』が第59回グラミー賞「Album Of The Year」でノミネートされ、「パープル・ランボルギーニ」も「Best Song Written for Visual Media」でノミネートされた。

「KINGDOM HEARTS III」について

 全世界で2,500万本を出荷・販売した「キングダム ハーツ」シリーズの最新作です。1作目から続いた“ダークシーカー編”が、様々な冒険を経て成長した主人公ソラを中心に、ついに完結します。
 「キングダム ハーツ」シリーズはディズニーの世界を舞台に物語が展開、最新作「キングダム ハーツIIIでは、ピクサーなどの新たなワールドが加わったことにより、より壮大な世界観へと発展しました。また、爽快なアクションに加え、アトラクションの様な演出やディズニーのキャラクターたちとの連携技など、シリーズ最高峰ともいえるバトルの展開も見どころの一つです。
 「キングダム ハーツ」でしか味わえないエンタテインメント性に富んだ本作に是非ご期待ください。

<ストーリー>
 ある日“キーブレード”という鍵型の剣を手にした少年ソラは、離ればなれになってしまった親友のリクとカイリを取り戻すため、王様(ミッキー) の命を受けたドナルドとグーフィーと共に旅に出た。世界を救う為には光と闇の両方の世界から鍵をかける必要があり、親友のリクは闇の世界に残る選択をした。世界で暗躍する“XIII機関”という組織は、世界の心、人の心の集合体ともいわれている“キングダムハーツ”の完成の為に必要な“キーブレー ド”を持つソラの前に何度となく立ちはだかり、様々な戦いを引き起こしてきた。
 これまでの“キングダムハーツ“をめぐる戦いが、 キーブレード戦争を引き起こそうと目論むマスター・ゼアノートの意のままに進んでいたことを知ったソラ達は、闇に対抗する、7人の光の守護者を揃えようとしていた。 王様とリクは歴戦のキーブレード使いの居場所を探し始め、ソラ、ドナルド、グーフィーの3人は「目覚めの力」を取り戻すため、 再び様々なディズニーのワールドを駆け巡って行くのだった。



(C) Disney.
(C) Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX