この記事は黒の騎士団が占拠した! 『コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ』広報活動報告【TGS2018】

2018年9月23日、東京ゲームショウ2018のDMM GAMESのブースに、『コードギアス』より黒の騎士団を率いる仮面の男・ゼロが襲来! 黒の騎士団による華麗な広報活動について、ご報告いたします!

 2018年9月20日(木)~9月23日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ 2018(20日・21日はビジネスデイ)。

 DMM GAMESブースのステージでは、さまざまな新作についての発表が続いていたのだが……。

DMM GAMESブースは黒の騎士団が占拠した!

ステージ上にて、唐突な電波ジャック! この仮面の男は……! そして、この声優の福山潤さんのようなイケボは……!

 そのステージを、黒の騎士団のリーダーである仮面の男・ゼロが突然占拠した! ゼロはステージに定刻通りに集まった黒の騎士団・特別広報員たち(ステージに駆け付けたファンに偽装していたということか)とともに、いち早く特別な情報を世に伝えるべく、ジャックを敢行したのだ。

ステージ開始前から、特別広報員(ファンたち)がこんなにも駆けつけてくれた! 黒の騎士団の団結力はいまなお衰えてはいないのだ。

 その新情報とは、人気アニメ作品『コードギアス 反逆のルルーシュ』の初ソーシャルゲーム『コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ』(以下、ロストストーリーズ)が、鋭意開発中であるということ。配信プラットフォームはDMM GAMESだ。

 黒の騎士団にとっていままでにない強力な広報手段となるであろう本作。その紹介のために、ステージ上には強い発信力を持った心強いゲスト広報員が駆けつけた。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』でC.C.(シーツー)を演じる、声優のゆかなさん。

同じく『コードギアス 反逆のルルーシュ』で紅月カレンを演じる、声優の小清水亜美さん。

人気コスプレイヤーの、えなこさん。今回はゆかなさんが演じる、C.C.の衣装で登場!

新情報を拡散する役目を任された、DMM GAMESのおふたり。ゲームディレクターの松岡啓介氏(左)と、ゲームプロデューサーの水俣和也氏(右)。

 いまさらながら、新規団員のために解説しよう。『コードギアス 反逆のルルーシュ』とは、2006年に放送された、ロボットアニメ作品である。

 謎の少女C.C.(シーツー)と出会い、異能の力“ギアス”を手に入れた主人公・ルルーシュ。彼が強大な世界国家・神聖ブリタニア帝国に“黒の騎士団”を率いて反逆するところから始まる、壮大な物語だ。

 予想のつかない衝撃的な展開の連続と、さまざまなアイデアが盛り込まれたデザインのロボット“ナイトメアフレーム”による迫力のバトルなどにより、いまなお多くのファンを魅了してやまない。

 “黒の騎士団”は『コードギアス』に登場するレジスタンス組織だ。“エリア11”と呼ばれていた日本国での活動を皮切りに、武器を持たない者すべての味方となるべく活動し、人望とメンバーを集めていった。

 大胆かつ華麗なゼロの手腕に魅了された本作ファンの諸兄も、これすなわち黒の騎士団の一員。黒の騎士団・特別広報員(ファン)は、『コードギアス』のコンテンツを楽しめたなら、さりげなくそのおもしろさを世に広げていく。そうすることで、黒の騎士団の崇高な理念を日々拡散しているのだ!(※)

(※注:筆者の想像です)

1期、2期のテレビアニメ放映と、劇場版アニメ3部作を経て、2019年2月には劇場版アニメ最新作『コードギアス 復活のルルーシュ』が公開される。

 壇上ではゲストの皆さんが、テレビ放映から12年経ついま、思い出に浸りながら歓談をくり広げた。収録現場には独特の“戦場感”があったと出演声優のおふたりは語り、えなこさんとしてはゼロの仮面を猫が持っていって学園中を走り回ったシーンが印象に残っているという。

 ほかにもC.C.が猫のモノマネをしたり、トマトに埋もれたり、カレンが妖怪ぬり●べのような着ぐるみ姿になった場面など、シリアス一辺倒の劇場版とは異なり、テレビシリーズでは日常シーンも多かったと振り返っていた。

10年以上があっという間に過ぎても、当時の熱量はいまでも思い出せるとのこと。小清水さんが、隊長としてゼロやC.C.に振り回されて胃が痛かったと告白すると、ゆかなさんからは「ごめんねー」と10年越しの謝罪が?

『ロストメモリーズ』配信開始は今冬予定! 『R2』の機体も登場!

 思い出を振り返ったところで、ステージ上ではいよいよ『ロストストーリーズ』の情報が公開された。サブタイトルの意味については、ご想像にお任せしたいとのこと。並外れた智将であるゼロにしかわからない、特別な意図があるのだろう。

 ゲームのスペックを紹介するスライド画面では、さっそく描き下ろしのイラストが登場。ゲーム内のカードイラストとして多くの描き下ろし画像を収録しつつも、原作の売りのひとつであるナイトメアフレームによる戦いも重要な作品にしたいと、開発陣は語った。

 キャラクターイラストの全身像が見られるのもゲームならではの楽しみ。思い出深い衣装を来たキャラクターをずっと鑑賞できるようになったりと、団員諸君にとってはうれしいファンアイテムにもなりそうだ。

PCブラウザ、DMM GAME PLAYER、スマートフォンに対応し、配信は今冬予定。

プレイヤーはオリジナルキャラクターである主人公の男女いずれかを選び、主人公の視点から本作独自のストーリーを楽しめる。主人公のデザインを担当しているしらび氏は、アニメ化もした小説『りゅうおうのおしごと!』のイラストなどでも知られる。

C.C.とカレンのゲーム用描き下ろしイラストも公開! 各キャラクターの全レアリティーで、描き下ろしイラストが使用される。アニメのタッチを生かしつつ、密度を濃くできるようにこだわっているそうだ。ちなみに、C.C.の右側の衣装は、アニメでは1度しか出ていないレアもの。

 続いて、ナイトメアフレームのゲーム内画像も公開された。登場するナイトメアフレームには、スマートフォンやPCブラウザで十分なアクションを実現しつつ、なおかつもとの雰囲気を壊さない、絶妙なデフォルメがなされている。

 ファンとしては登場機体も気になるところ。テレビアニメ第2期『R2』に登場した“ランスロット・アルビオン”や“紅蓮聖天八極式”といった最新鋭機から“鋼髏(ガン・ルゥ)”などに至るまで、さまざまな機体が登場するとのことだ。

“ランスロット”、“紅蓮弐式”、“ガウェイン”が紹介された。おなじみの武装やガウェインの“あのポーズ”なども、原作のイメージを損なっていないことがわかる。我らがゼロとC.C.の乗機・ガウェインは、ハドロン砲で敵をばったばったと倒す機体にしたいと開発陣が言っていたぞ。期待せよ!

 楽しみな要素が満載の『ロストストーリーズ』。配信開始時期はプロデューサーから「桜の花が咲くまでには」などという弱気な発言もあった気がしたが、きっと黒の騎士団に敵対する何者かの妨害工作だろう。

 小清水さんからは、いままでにないテンション感で収録に臨んだという、期待が高まる情報もいただけた。団員諸君は、決起の日を心して待て!

FLOW登場! 本作のテーマソングを初出し披露!

 ゲームの情報も出そろったところで、ステージではふたたびゼロがスクリーンをジャックした。ここでゼロから、団員たちへのサプライズプレゼントが!

 団員の結束をより高めるべく、テレビアニメで初代オープニングテーマと、2期第2クールのオープニングテーマを担当したロックバンド“FLOW”の皆さんによる、スペシャルライブが開催されたのだ。

団員の心をひとつにするもの……ゼロはやはり、すべてを見通している男だった!

FLOWのメンバーが、驚きに包まれつつも拍手喝采の団員たちに迎えられて登場! まずは2期第2クール主題歌『WORLD END』を熱唱!

 さらに、FLOWが『ロストストーリーズ』のテーマソングも担当することが発表された。曲名は『PENDULUM』。『コードギアス』の世界観をイメージして作り上げたというこの新曲を、ステージにて初出しで歌い上げてくれた。

『ロストストーリーズ』のテーマソング『PENDULUM』に続き、思い出深い初代主題歌『COLORS』も披露され、会場の団員たちの心はひとつとなった。12年前から続く熱い思いが、また大きく燃え上がった団員も多かったことだろう。

FLOW 『PENDULUM』/ゲーム「コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ」テーマソング解禁SPOT

 ライブ終了後、かつて作中で日本を震撼させた“百万のキセキ”を『ロストストーリーズ』でも実現してほしいという特別任務が、ゼロから提示された。Twitter公式アカウントの活動開始を機に、ハッシュタグで情報を拡散してもらい、100万人の事前登録と、100万ダウンロードの達成を実現していきたいとのことだ。

 事前登録特典という名の報償については、今後明らかにされていくことだろう。

国外追放をあえて受けたゼロが、日本人100万人にゼロの姿をさせることで帝国の支配下から解き放ったという、作中屈指の大胆不敵な計画“百万のキセキ”をもう一度!

 ステージの最後は、団員たちに配布されていたゼロの仮面モチーフのうちわを使った企画で締められた。登壇したゲストの皆さんとFLOWの皆さんを交えての、「我らの名は、黒の騎士団!」の掛け声とともに行なわれた記念撮影で、団員の結束はより一層強くなったことだろう。

 黒の騎士団の諸君は『ロストストーリーズ』の配信開始に期待しつつ、100万を目指す広報活動にも十全に備えよ!

ひそかに会場では記念撮影のあとに、いつも最後をゼロに持っていかれることを悔しく思った小清水さんの発案で、えなこさんが動いて演じるC.C.にゆかなさんがアテレコし、団員を激励するという、うれしい締めも行なわれた。

※画面は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合があります。



(C) SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006 CLAMP・ST
(C) SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006-2008 CLAMP・ST
(C) SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design c2006-2011 CLAMP・ST
(C) SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design c2006-2017 CLAMP ・ ST
(C) DMM GAMES