“プラチナゲームズ 神谷英樹さんショー”スペシャルステージリポート、ファミコン芸人フジタさんとのゲーム対決も【TGS2018】

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018。ハムスターブースで23日に行われた“プラチナゲームズ 神谷英樹さんショー”の模様をお届け。

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018。ハムスターブースで23日に行われた“プラチナゲームズ 神谷英樹さんショー”の模様をお届け。このショーは、『大神』や『ベヨネッタ』シリーズなどを手がけたゲームデザイナー神谷英樹氏が、ファミコン芸人のフジタさんと、ハムスターから発売されている『アーケードアーカイブス』で対戦しながら、クラシックゲームの魅力を語るというものだ。

プラチナゲームズ神谷英樹氏。

ファミコン芸人として知られるフジタさん。

司会進行役を務めたハムスター代表取締役社長の濱田倫氏。

ハムスターブースの隣りに……神谷氏のサービストーク炸裂!

 フジタさんとともに登壇した神谷英樹氏は、「今日会場に来て、コンパニオンのお姉さんと写真を撮ったんですけど、さきほどトイレに行ったとき、ズボンのチャックが開いてたことに気づきました」と、嘘か本当か分からない、衝撃の告白。会場はいきなり爆笑に包まれた。
 じつは神谷氏は、今回のこのイベントのためだけにわざわざ大阪から駆けつけたとのこと。そのため、一部では“プラチナゲームズの新作がハムスターから出るのでは?”という噂がささやかれていたが、司会進行役を務めるハムスター社長、濱田倫氏みずからがその噂を否定。ただし濱田は、その場ですかさず神谷氏に「『テラクレスタ』の新作の枠を空けています」と熱烈ラブコール。これに神谷氏も「アイディアを暖めておきます」と返答したので、もしかしたら……?

 そして、トークショーは、まず神谷氏のプロフィール紹介からスタート。略歴としていままで手がけた作品が紹介されていったのだが、じつはハムスターブースの隣りが奇遇にもカプコンブースになっており、神谷氏がカプコン時代ディレクターとして手がけた『バイオハザード2』のリメイク、『デビル メイ クライ』の最新作がちょうど展示されていた。そのブースを見ながら「ロイヤリティーは僕のところに入ってこないんですかねー」と、笑顔で神谷氏。つぎつぎ飛び出るカプコン愛に溢れる発言にフジタ氏と会場は爆笑。社長の濱田氏は顔を赤くして終始たじたじだった。

『バイオハザード RE:2』、『デビル メイ クライ5』の大きな看板が掲げられたカプコンブースを見ながら「カプコンのみなさんどうですか? また僕と一緒に仕事しましょう」と神谷氏が声をかけると、会場は拍手に包まれた。

神谷氏が語るクラシックゲームへの熱い想い

 社長の濱田氏いわく、神谷氏とハムスターの付き合いは、社長が神谷氏のツイッターをフォローしたのが切っ掛けで始まったのだとか。「クラシックゲームに対する愛に溢れた神谷氏のツイートは、ユーザーさんの声の代表として参考にしている」と濱田氏。ちなみに濱田氏は、神谷氏が『アーケードアーカイブス』の第1作目に収録されている『忍者くん 魔城の冒険』を楽しみに待っていたが、発売当日プレイステーション3に対応してないことに気づいて怒りのツイートをしていたことにも、気づいていたとのこと。濱田氏が「これからも『アーケードアーカイブス』にいろいろなご意見お願いします」とふると、神谷氏がここぞとばかりに「Switchに『グラディウス』を、『アーケードアーカイブス』に『ペンゴ』をください」と、つぎつぎとリクエストしていたのも印象的だった。

 そして、今回の東京ゲームショウで発表された『アーケードアーカイブス』の最新作のラインアップについて、発表会を弟さんといっしょに観客として見ていたという神谷氏は、いちユーザーとして「リアルに歓声を上げました」と絶賛。『怒-IKARI-』はぜひループレバーでプレイしたいとのことで、トークショウ会場に来ていたHORIのスタッフ(ゲームファンならおなじみの大神佳人氏!)に『アーケードアーカイブス』用の周辺機器制作をリクエストしていた。

 また、今回のイベントで神谷氏は、クラシックゲームについて「ニッチなニーズに終わらせたくない。ボクたちが子どものころに熱中したものだから、いまの若い人たちもおもしろいと感じるはずだ」と、その魅力を熱く語った。フジタ氏も「僕も昔のゲームの魅力をいまの人に伝えるために芸人をやっている」と、神谷氏の熱い想いに同意していた。

神谷氏VSファミコン芸人フジタさんの3本勝負。勝者は……!?

 会場がクラシックゲームの話で盛り上がると、いよいよ『アーケードアーカイブス』のゲームで、神谷氏とフジタさんが対決。

◆1回戦:『マリオブラザーズ』(1983年)
 対戦形式でバトル。神谷氏が途中、鼻水が出るアクシデント(本人談)に襲われて負けたため、再戦。しかし、フジタさんがくり出す上フロア閉じ込め戦法に、神谷氏完敗。

◆2回戦:『グラディウス』(1985年)
 ショットを発射しないでどこまで進めるかを競う変則マッチで勝負。これは、フジタさんの得意とする遊びかたで、神谷氏は初めてプレイするスタイルとのこと。フジタさんが2面の序盤まで進めたが、初プレイで1面終盤まで行った神谷氏が凄い! となり、神谷氏の勝利に。対戦成績は1勝1敗のイーブンに。

◆3回戦『忍者くん 魔城の冒険』(1984年)
 最後の戦いは、神谷氏がオンラインランキングで世界1位を獲得している(!)キャラバンモードで。神谷氏のホームとも言える場所で、絶体有利な戦いのはずだったが……フジタさんが出した76510点“ナムコ点!!”という奇跡の点数に動揺したのか、神谷氏が2面でまさかのミス。パーフェクトボーナスを逃し、僅差でフジタさんの勝利に。

 クラシックゲーム対決は、2勝1敗でフジタさんが勝利。神谷氏は、「今日遊んだゲームは本当にどれもおもしろいので、『アーケードアーカイブス』よろしくお願いします」と、“ハムちゃんファミリー”のひとりとして『アーケードアーカイブス』を宣伝。フジタさんとの再戦を誓って、スペシャルステージは終了した。