『東京クロノス』開発陣と石川由依、木戸衣吹が対決!? “制作共犯者ミーティング”をリポート【TGS2018】

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。9月23日のメインステージでは、“「東京クロノス」制作共犯者ミーティング in TGS2018”が開催された。その模様をお届けする。

リアルな渋谷が舞台のVRアドベンチャー

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。9月23日のメインステージでは、“「東京クロノス」制作共犯者ミーティング in TGS2018”が開催された。その模様をお届けする。
 本ステージは、プレイステーション VRをはじめとするVRプラットフォーム向けに、MyDearestが開発中のアドベンチャーゲーム『東京クロノス』について、開発者と出演声優が登壇して紹介するというもの。

 イベントではまずPVが流れたのち、進行役として、桃野夕役の声優・木戸衣吹さんと、総合プロデューサーである岸上健人氏が登壇。続いてゲストとして、監督の柏倉晴樹氏、プロデューサーの三木一馬氏、二階堂華怜役の石川由依さんがステージに姿を表した。

 ここではざっくりとゲーム紹介がなされるとともに、ファンディングなどの情報も紹介。VR対応のミステリーアドベンチャーとして話題を集める同作は、クラウドファンディングで約1800万円を集め、ファンの期待も高まっている注目作だ。

オープニングでは、PVでゲームのイメージを公開。

登壇者は5名。左から、岸上氏、三木氏、柏倉氏。

木戸さん(左)、石川さん(右)。

声優陣、開発メンバーともども、豪華スタッフが集結。国内外で話題が高まっている。

 作品紹介に続いては、実際に登壇者が試遊しながら、ゲーム画面を公開するコーナーに。ここではゲスト代表として、石川さんがゴーグルを装着してVR体験。舞台となる渋谷の街を探索して、ゲーム内のキャラクターと遭遇、会話するシーンなどが、スクリーンに映し出された。プレイを終えて石川さんは、「本当にリアルに、その世界に入ったかのような体験。渋谷が目の前にありました」と感想をコメント。

ゲームの舞台は、渋谷をリアルに再現した仮想空間だ。

ゲスト陣が看板デザインにチャレンジ

 イベント後半の企画は、“東京クロノスをみんなで作ろう! 作戦会議!”。同タイトルでは、ユーザーが考えた看板を、ゲームの中で実際に再現するキャンペーンを実施している。そこでこのステージでは、ゲストが看板のデザインにチャレンジ。木戸さん、石川さん、三木氏の3名が、フリップにアイデアを描き込んだ。採用の判断を下すのは、来場者の拍手の多さだ。

ユーザーがデザインした看板が、VRの渋谷を彩ることになる。

 3分間の制限時間でスケッチに挑んだ3人。結果、その内容は、木戸さんが“東京散ダイレクト のど、直接、うるおう”。そして石川さんは“20XX年4月 石川由依 木戸衣吹 衝撃デビュー”、三木氏は“シブエモン 最新シングル発売!!”を、それぞれイラスト入りで紹介。来場者の拍手の結果、石川さんの作品がトップとなり、ゲーム内に採用されることとなった。

看板デザインのテーマは、4月の渋谷にありそうなもの。

木戸さんの作品は、のど飴のようなイメージ?

「なんのデビューかは不明です」という石川さん。

三木氏いわく、シブエモンはデスメタルバンドだとか。

 イベントはこれにて終了。最後は登壇者それぞれが、ファンに向けてメッセージを語ってくれた。以下に紹介して、リポートを締めくくろう。

石川さん
「たくさんの方にクラウドファンディングで支持していただいて、そのぶん私たちもがんばって収録していかなければという思いで、いま収録を進めています。スタッフ一同、すごく気合を込めて作っているゲームなので、楽しみにしていただけたらと思います」

三木氏
「僕はプログラムというより、どちらかというとシナリオのプロデュースをさせていただいてます。ほぼほぼゴールが見えてきて、深夜作業なども多いのですが、そのかいもあっていい作品になりそうなので、期待してもらえればと思っております」

柏倉氏
「絶賛開発中でございまして、楽しんでいただけるものをお届けできるようにがんばっています。これからもよろしくお願いいたします」

岸上氏
「この東京ゲームショウでもたくさんの方にご体験いただいて、ご好評の声をいただきましたので、スタッフの皆さんとともに、最高の作品を届けるべく、今後も取り組んでいきます」

木戸さん
「たくさんの人に支えられながら、『東京クロノス』は成り立っておりますので、ぜひ皆さんこれからも、応援をよろしくお願いします。引き続き収録も、がんばっていきたいと思います。幕張メッセまでお越しいただきまして、ありがとうございました!」