2018年9月23日、4日間続いた東京ゲームショウ2018の全日程が終了。来場者に関する速報が発表され、歴代最多の29万8690人となったことが判明した。

 2018年9月23日、4日間続いた東京ゲームショウ2018の全日程が終了。来場者に関する速報が発表され、歴代最多の29万8690人となったことが判明した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

東京ゲームショウ 2018 結果速報!
総来場者数 歴代最多の29万8690人
日本の「eスポーツ」活況、新たな時代へ

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会
日経BP社

東京ゲームショウ2018(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会[略称:CESA、会長:早川英樹]、共催:日経BP社 [代表取締役社長:新実 傑]、会場:幕張メッセ/以下、TGS2018)は、9月20日(木)から23日(日)まで開催され、会期4日間の総来場者は歴代最多の29万8690人となりました。

東京ゲームショウ2018

9月20日(木)ビジネスデイ
31,961人

9月21日(金)ビジネスデイ
36,356人

9月22日(土)一般公開日
107,310人 (内ファミリー7,841人)

9月23日(日)一般公開日
123,063人 (内ファミリー11,827人)

合計298,690人 (内ファミリー19,668人)

「新たなステージ、開幕。」をテーマに開催した東京ゲームショウ 2018 は、圧倒的過去最大規模の 668 企業・団体(うち海外 330)の 2338 小間が出展し、家庭用ゲーム、スマートフォン、PC など、さまざまなプラットフォームに向けた幅広いジャンルの新作タイトルやサービスが発表されました。とりわけ、e スポーツの大型ステージ企画「e-Sports X(クロス)」には、国内だけでなく海外からの来場者や報道関係者が詰めかけ、大きな注目を集めました。基調講演でも「e スポーツが“スポーツ”として広がるためのロードマップ」をテーマに激論が交わされるなど、eスポーツが重要度を増しつつあることを印象付けました。

また、会期中は BtoB の商談も活発に行われました。ビジネスマッチングシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」で成立した商談アポイント件数は 668 件に上り、昨年の 602 件上回りました。世界に向けて最新情報を発信する国際的展示会として、ゲームビジネスにおけるハブとしての役割の高まりを示す結果となりました。来年の「東京ゲームショウ」は、2019 年 9 月 12 日(木)から 15 日(日)まで幕張メッセで開催する予定です。どうぞご期待ください。