バイオレンスなゲームの女子会(?)で盛り上がった夏川椎菜さんに、最近のゲームやTGSの感想を直撃インタビュー!【TGS2018】

夏川椎菜さんに訊く。これがゲーマー女子会か。いや、女子会ってなんだっけ。

 これがゲーマー女子会か。いや、女子会ってなんだっけ。

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。2018年9月20日(木)、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、声優の夏川椎菜さん、歌手の亜咲花さんをゲストに、“PlayStation Network”に関するステージを開催した。MCは、タレントの松嶋初音さん。

 ゲーム好きな女性3名で、“PlayStation Networkのススメ”をテーマに女子会トークをくり広げたステージは、“PlayStation Music”で聴く夏川さん、亜咲花さんそれぞれがセレクトしたプレイリストを披露したり、“PlayStation Video”で観られる作品の中から想い入れのあるものを語ったりと、PlayStation Networkを活用して楽しめるさまざまなコンテンツを解説するものになっていた。

 しかし、トークの端々で出てくる言葉が、夏川さん、亜咲花さんともに、“デストロイ”、“銃を持ちたかった”、“ホラーゲームばっかりやっている”などなど、女子会から連想される言葉とは程遠いものばかり。とはいえ、松嶋さんを含め、3人の好きなゲームの傾向が似ていることもあって、トークは大盛り上がり。これはこれで、東京ゲームショウならではの女子会トークなのかもしれない。ステージの内容については、下記の動画をご覧いただきたい。

 そして、今回はステージを終えたばかりの夏川椎菜さんを直撃。ステージの感想に加え、最近遊んでいるゲーム、そして、先日始まったばかりのファミ通.comのゲームブログ“夏川椎菜のGAMEISCOOL!”のお話などをうかがった。

プロフィール

夏川椎菜(なつかわ しいな)

ーーイベントお疲れ様でした。皆さん、意気投合されていましたね。

夏川 楽しかったです!

ーー亜咲花さんとゲームの好きな傾向がとても似ていましたね。

夏川 私、バイオレンスなゲームが好きなので、そういうゲームに興味を持ってくれる女の子は少ないんですけど、亜咲花ちゃんは貴重な貴重な人材です。

ーー同じ趣味の仲間を見つけたぞと。

夏川 いい仲間ができました! ようやく、ゲームのお友だちができそうです(笑)。

ーーイベント終了後には、いっしょに『Dead by Daylight』をやろうと盛り上がっていましたね。

夏川 そうなんですよ。『Dead by Daylight』にも興味はあったんですが、いっしょにできる友だちがいなくて。オンラインで知らない人と遊ぶのも楽しいとは思うんですが、やっぱり知っている人と遊ぶほうが楽しさは倍増しますし。(松島)初音さんともフレンド交換をしました。

ーー松嶋初音さんも、ああいうゲームお好きですからね。夏川さんは、最近PS4の『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』にハマっているとお聞きしましたが。

夏川 どっぷりと(笑)。いやー、ちょっと感動しちゃいました。あのスパイダーマンを、かの有名なスパイダーマンを私が操作しているという喜び。グラフィックがキレイだなって思っていたんですけど、遊んでみたらグラフィック以上に操作のしやすさやシステムに感動してしまって。戦闘も単調ではなくて、いろいろ戦略があって考える楽しさがあるし、コントローラーをあんなにフルで同時に使うアクションゲームってなかなかないんじゃないかなと。

ーーただ攻撃ボタンを連打していると、敵にやられちゃいますしね。

夏川 そうそう。スパイダーマンの防御力がそんなに高くないし、油断しているといちばん弱いザコ敵にもやられちゃいますから。でも、戦闘がもたつくわけでもないという難易度がちょうどよくて。あと、個人的にはステルス要素もあってやりがいがありましたね。まったく飽きずに突っ走って、いまはトロコン(トロフィーのコンプリートの略)を目指してプレイしていますが、ちょっと難しそうだなーと……。

ーーめっちゃやり込んでますね!

夏川 達成度は89%くらいまで行っていて、ストーリー的にはおそらく最後のミッションが残っているくらいなんですよね。でも、これを達成したら『スパイダーマン』終わっちゃうのかーと思って、いまは回収していなかったバックパックやトークンなどのコンプリートものを進めています。ただ、トークンを無駄使いしちゃって、ちょっとトロフィーが難しいものがあるんですよね……。がんばらないと。

ーーゲームブログでのトロコンのご報告をお待ちしています(笑)。ちなみに、ファミ通のゲームブログが始まった後、周囲からの反響はありましたか?

夏川 とてもいろいろな方に読んでいただいているようで、ファンの方もそうですが、近いところで言うと、私の父からも反応がありました(笑)。「好きなものを語れる場所ができてよかったね」と。

ーーおお。お父さんから! それはよかった。今日のステージは終わりましたが、東京ゲームショウの会場はすでにご覧なりましたか?

夏川 全部は回っていないんですが、リハーサルのときに、プレイステーションブースをぐるっと見てきました! もう発売が楽しみなゲームばかりで……。木村拓哉さんの『ジャッジアイズ』とか『ドラゴンクエストビルダーズ2』とか『キングダム ハーツIII』とか。あと、『SEKIRO』の大きなフィギュアもありましたし、ゲームショウならではの展示で、やりたいものだらけでした。それと、ステージ前に入っていた控室が、プレイステーション VRの試遊場所の裏側で、楽しそうに遊ぶ音だけが聞こえてきて、楽しそうでうらやましかったです……。こういうところに来ると、全部確認したくなりますね!

インタビュー終わりにもう1枚!