カプコンブースにて開催された『ドラゴンズドグマ オンライン』のステージイベントの模様をお届け。

 2018年9月20日(木)~9月23日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催中の“東京ゲームショウ 2018”(20日・21日はビジネスデイ)。9月22日には、カプコンブースにて、『ドラゴンズドグマ オンライン』のステージイベントが開催された。

 ステージにはプロデューサーの松川美苗氏とディレクターの木下研人氏に加えて、ゲストとしてガルドリン役の江口拓也さんが登場。

(左)プロデューサーの松川美苗氏
(右)ディレクターの木下研人氏
ゲストの江口拓也さんは、「ガルドリンは長く演じている役のひとつになりました」とコメント。「ガルドリンがこんなに人気になるとは(笑)」とも。

 『ドラゴンズドグマ オンライン』は、オープンワールドのオンラインアクションRPGで、サービス開始から丸3年を迎えている。

 プレイヤーは“覚者”として、広がり続ける竜の世界を冒険し、ファイター(戦士)、アルケミスト(錬金術師)、ハイセプター(魔法剣士)といった全11種のジョブで本格アクションを楽しめる。

 8月16日に実施されたアップデート3.3では、“悪しき竜”と対峙し、シーズン3の物語がいよいよクライマックスを迎える。ネド王子は何を想い、悪しき竜と対面するのか……王国復興を懸けて希望に火を灯す戦いに決着の時が訪れる。

 続いては、10月~12月にかけての今後の予定が紹介された。

 10月にはハロウィンイベントが実施され、ユニークなコスチュームが実装。11月は“天使&悪魔イベント(仮称)”が行われ、こちらも新たな衣装が登場するようだ。

オバケ衣装はゲーム内の簡単なクエストをクリアーすることで容易にゲットできる。

 そして12月には、先日アナウンスされた“シーズン3.4”が実施される。メインストーリーを始め、新たなアクションスキルやバトルコンテンツなどの新要素が追加される予定だ。

 ……とここで、シーズン3.4の映像が公開された。映像には行方の知れないレオが登場。シーズン3の舞台であるアッカーシェラン大陸だけでなく、レスタニアやフィンダムをも巻き込んだ、壮大な物語が綴られるようだ。レオの「さぁ、世界を壊してしまおうか――」という衝撃的なセリフは、ファンにとっては、かなり気になる内容であっただろう。

映像内で見られたシーン。覚者が攻撃を行うと、紋章のようなものが発せられる。覚者に新たな力が授けられるのか!?
この場所はどこなのか。木下氏は「あの黒い迷宮に新たな道が広がります」とヒントを残した。シリーズ作の『ダークアリズン』をプレイした人にはおなじみの場所とも。

 また、シーズン3.4では過去のメインストーリーのイベントシーンを見られる機能を急遽実装するとのこと。レオや黒騎士、フィンダムの人々も登場するシーズン3.4のストーリーを進める前に、これまでの物語をおさらいできるのはうれしいところ。

 ここで、これから本作をプレイしたいという皆さんにうれしいお知らせが。東京ゲームショウ2018の限定アイテムの配布が決定。こちらのイベントコードを入力すると、ファイターの武器“オーフリングソード【鉄】/オーフリングシェル【鉄】”のセット(LV.1から装備可能)が入に入る! 入力期限は10月14日までなので、早めにゲットしよう。

【イベントコード】
TQ8C-HT22-EAP8-X8Y8

 さらに、オリジナルグッズがもらえるキャンペーンを実施予定で、“モゴックぬいぐるみ”や“ど丼ぶり”、“セシリーの抱き枕”といったグッズが用意される。詳細は今後の発表を待ちたい。

 シーズン3.4では、ここで紹介しきれない要素もまだまだあるとのことなので、12月の実装を楽しみにしつつ、シーズン3.3のコンテンツを楽しもう。