2018年9月20日~23日の期間で開催される東京ゲームショウ2018のカプコンブースに試遊台が設置された、『カプコン ベルトアクション コレクション』のブース&プレイリポートをお届け。

 2018年9月20日~23日の期間で開催される東京ゲームショウ2018。本記事では、カプコンブースに試遊台が設置された『カプコン ベルトアクション コレクション』のブース&プレイリポートをお届けしていく。

 『カプコン ベルトアクション コレクション』は、カプコンが過去にアーケードゲームとして開発したベルトアクションゲームをセットにして発売する最新タイトル。ゲーム内には、以下の7タイトルを収録。いずれも高い人気を博したタイトルで、そのうち2タイトルは家庭用初移植という、ベルトアクションゲームファンには堪らない注目タイトルとなっている。「ベルトアクションと言えば俺」、と勝手に豪語する筆者はプレイしないわけにはいかず、ビジネスデイ初日にさっそくプレイさせていただいた。デアー!(ハガーの投げ)

試遊ブース全体像。お隣は『ストリートファイター30th アニバーサリーコレクションインターナショナル』の試遊ブースだ。
『カプコン ベルトアクション コレクション』ブースは赤一色。

 ちなみに、ベルトアクションゲームとは、敵を倒しながら右(または左)方向に進んでいくアクションゲームのこと。ベルトコンベアーのように一方通行に進むことから、このような愛称で呼ばれるようになった。豆知識。

ファイナルファイト
ザ・キングオブドラゴンズ
キャプテンコマンドー
ナイツ オブ ザ ラウンド
天地を喰らうII 赤壁の戦い
パワード ギア(家庭用初移植)
バトルサーキット(家庭用初移植)

 本作はすべてのゲームの開始時に日本版と海外版から選択できるほか、難易度や残機数などの設定を変更可能。アーケードではゲーセンの店員さんしか操作できなかった項目も好きに変更できるようになったと言える。また、ゲーム中に任意のタイミングでセーブとロードをする機能も搭載されている。さらに、コンティニューもし放題なため、全クリもやり込めばいつかは達成可能! かつてはクリアーできなかったあのゲームにリベンジしたいところだ。

 ブースには、ひとりでプレイする台とふたりでプレイする台を設置。Nintendo Switch版でプレイできる台では、TVモードのほか携帯モードでもプレイ可能になっていた。プレイできる時間は1回15分ほどで、時間中ならタイトルを好きなように選び直すこともできた。

タイトル選択画面。
それぞれ、ゲーム内の設定が行える。
海外版を選択した画面。『天地を喰らうⅡ 赤壁の戦い』と『パワード ギア』は海外版だとタイトル名が異なる模様。

 今回は、過去に筆者がやり込んだ経験のある『ファイナルファイト』と『天地を喰らうII 赤壁の戦い』をプレイ。『ファイナルファイト』はベルトアクションをプレイしたことがある人でも名前は知っているであろう有名タイトルで、プレイ時の懐かしさとプレイの安定感もバツグン。20年ぶりくらいに通ったメトロシティには、あのころと変わらないキミ(ハガー市長)がいて……。1面は楽勝で、2面あたりから一気に難度が上がっていくゲームバランスも懐かしく感じた。ちなみに、メニュー画面から各ゲームを起動させる際にはロード時間はなく、非常にスムーズ。ゲームの切り換え時に煩わしさを感じることもなさそうだ。

 ポーズ画面ではセーブとロードができるため、途中まで進んだ状態でセーブして中断したり、ほかのゲームをプレイしたりできるという親切設計に注目。ステージ最終面でお金が尽きてしまい、ゲームオーバーのカウントダウン中に「俺に投資しろ!」とカイジのようにと叫ぶも誰からもお金を貸してもらえずクリアーに断念(経験談)する心配もない。空いた時間に少しだけプレイし、次回はまた途中から、という贅沢な遊びかたができるわけだ。
 本作ではゲームオーバーになってもコンティニューし放題なので、セーブ地点からロードしてやり直すといった操作は必要ない。もちろん、コンティニューし放題なので、体力を気にせずにメガクラッシュ(緊急回避用の強力な攻撃。敵にメガクラッシュを当てるとHPが少し減少する)も使いたい放題。あのころはお金が勿体ないから使用を渋っていたが、本作では使いまくれるのがうれしい。ブルジョワになった気分だ。

 『天地を喰らうII 赤壁の戦い』は、本宮ひろ志氏原作のマンガをゲーム化したもの。過去に発売されたベルトアクションゲームと比べて、キャラクターの性能差が明確に出ているのが特徴だ(関羽は投げキャラになっている)。格闘ゲームのようなコマンドで出せる技が用意されているなど、より操作性が高いゲーム内容になっているのがポイントだ。こちらも『ファイナルファイト』と同様に1クレジット分では2面くらいまで進めるのが限界だったが、本作ではコンティニューし放題となっているため、サクサクと先のステージが見られることがうれしい。ダメージ覚悟で進めるベルトアクションのなんと贅沢なことか! 現役時代は3面くらいまでノーコンティニューで進めたはずだけど、まあいいか!

 本作はいずれもアーケード版を完全再現しており、BGMやSE、キャラクターの挙動なども、かつてプレイしたときの記憶と合致する出来栄え。まだすべてをプレイしたわけではないのが、あえて断言しよう。「このゲーム、あのときととなんか違う?」といった違和感は決して感じないはずだ。

 今回の試遊ではオフラインモードしか遊べなかったが、製品版ではオンラインを通じてほかのプレイヤーと協力プレイを楽しむこともできる。ダウンロード版はすでに配信を開始しているので、気になる人はいますぐダウンロードを! ちなみに、カプコンブースで試遊をすると、『カプコンベルトアクションコレクション』のステッカーセットをゲットできる。さりげなくかなりレアなアイテムになっている。本作のダウンロード版はすでに配信中なので、思い出に浸りたい方はいますぐダウンロードしよう!

ブース内のお姉さんとパシャリ。美人のお姉さんには俺のメガクラッシュで以下略。