2018年9月20日から23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日、『JUMP FORCE(ジャンプフォース)』スペシャルステージにて公開された新情報を紹介する。

 2018年9月20日から23日まで、千葉・幕張メッセにて開催される東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日、バンダイナムコブースで開催された『JUMP FORCE(ジャンプフォース)』スペシャルステージにて公開された新情報を紹介する。

 『JUMP FORCE』は、2019年発売予定のプレイステーション4とXbox One用ソフト。『ドラゴンボール』や『NARUTO』、『BLEACH』といった国内外で大人気のジャンプ作品に登場するヒーローからチームを組んで戦う対戦アクションだ。

 今回のイベントでは、新たに『幽遊白書』より浦飯幽助と戸愚呂(弟)、『HUNTER×HUNTER』よりキルア=ゾルディックとクラピカの参戦が発表された。

『JUMP FORCE』プロデューサー 中島光司氏(左)
ジャンプが大好きだというゲストの女優 足立梨花(右)

 発表に関連して、同作よりすでに登場が発表されていたゴンについて「ゲームでゴンさんが見れるなんて衝撃!」とゲストの足立梨花が触れると、プロデューサーの中島光司氏より「ゴンさんに変身する超必殺技を使うと、以降そのバトルではゴンが使用不可になる」とのコメントが。重い誓約と制約に縛られた原作仕様であることが明らかになった。

 加えて、オリジナルキャラクターデザインを鳥山明氏が担当していることも発表。ゲームには悟空やルフィ以外にもオリジナルの主人公が存在し、ジャンプヒーローたちといっしょに地球を守るストーリーが展開されるという。

主人公が所属する組織“ジャンプフォース”の上司だというグラパー(CV:山路和弘)、同じく主人公をサポートするナビゲーター(CV:釘宮理恵)、悪役として登場するガレナ(CV:田中敦子)、カイン(CV:安元洋貴)の4キャラクターが公開。

 少年ジャンプを題材にした対戦アクションはこれまでも何度か発売されているが、本作『JUMP FORCE』は、現実世界を舞台としたフォトリアル調のグラフィックスが特徴となっている。中島氏によれば「もしも自分の身近にジャンプヒーローがいたら」というコンセプトで作られているとのことで、主人公=プレイヤー自身という設定もそうしたジャンプファンの夢を叶えるために生まれたそうだ。このたび公開された新映像には、日本をモチーフとしたステージも登場している。

 イベントの最後にはクローズドβテスト(PS4版)の開催も発表。期間は10月12日〜10月14日で、参加者の募集は9月30日までとなっている。

 今年で創刊50周年を迎え、世代を超えて親しまれている少年ジャンプ。本作『JUMP FORCE』もまた大人から子供までいっしょに遊べる対戦タイトルになることが予想される。イベントの最後にはまだまだサプライズが控えていることもほのめかされたので、お気に入り作品の参戦が未発表のジャンプファンは期待して続報を待とう。