東京ゲームショウ2018のカプコンブースで開催された、『カプコン ベルトアクション コレクション』ステージの模様をリポートする。

 2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)のカプコンブースでは、数々の注目タイトルのステージイベントを開催。その中から、初日に開催された、往年のアーケードゲームファン注目の『カプコン ベルトアクション コレクション』のステージの模様をリポートする。

 ステージには、桜井貫助プロデューサーと綾野智章プロモーションプロデューサーが登壇し、『カプコン ベルトアクション コレクション』のゲーム紹介からスタート。本作は、カプコン珠玉の7タイトルを、アーケード版そのままのクオリティーで完全収録。オフラインだけでなく、オンラインを通じてマルチプレイが楽しめることや、ゲームの残機数や難易度を自由に設定できること、Nintendo Switch版の豊富なマルチプレイ方法についてアピールした。

桜井貫助プロデューサー(写真左)と綾野智章プロモーションプロデューサー(写真右)。
Nintendo Switch版は、本体を持ち寄ってローカル通信プレイをしたり、テーブルモードでのプレイにも対応している。
ギャラリーモードには、ここでしか観られない設定資料やイラストを多数収録。

 続いては、カプコンの通販サイト、イーカプコンのカナ氏が登壇。本作のパッケージ版や限定版の情報を発表した。まず発売日について、ダウンロード版は本日(2018年9月20日)から配信開始となっていることを発表。続いてパッケージ版は2018年12月6日に発売することを告知した。本作の限定版であるコレクターズ・エディションには、ゲームセンター稼動当時に配布されたものをB2サイズで復刻したポスターと、インストカード(アーケード筐体などに貼られてるゲームの説明書)が7タイトル分セットになって同梱される。コレクターズ・エディションは、全国のゲームショップなどで購入・予約が可能だ。さらに、イーカプコンでのみ発売される限定版には、アーケード版の外箱を再現したパッケージと、表紙がアーケード基板のソフトを模したブックレット、CD5枚組のサウンドトラック、キャラクターステッカー7枚セットが同梱される。ブックレットには、『ハイスコアガール』を執筆する押切蓮介先生が描くスピンオフマンガも収録されるので、ファンも注目したいところだ。

 限定版の発表のあとには、ゲストとしてマンガ家の押切蓮介先生が加わり、収録タイトルのゲーム紹介が行われた。押切先生が『ハイスコアガール』でもエピソードを描いている『ファイナルファイト』については、「やりすぎて“何度も飽きた”ゲームです」とコメント。4人同時プレイができる『キャプテンコマンドー』は押切先生もかなり思い出が深いらしく、今回の限定版用のスピンオフマンガでも題材にしているとのこと。

押切蓮介先生(写真左から2番目)。

 そして、せっかく4人が集まったということで、『キャプテンコマンドー』を実機でプレイ。かなりの高難度を誇る『キャプテンコマンドー』だが、最大4人でプレイすると味方と敵が画面狭しと動き回るため、投げた敵が味方を巻き込んでしまうことも。協力する場面や足を引っ張り合う場面が頻出していた。本作はコンティニューし放題なため、残機がなくなってもすぐに復活できることが魅力のひとつ。残機を気にせずに好きなだけ暴れ回れるのが楽しいポイントだ。

 ステージの最後は、インフォメーションコーナーに。2018年10月25日に発売となる『ストリートファイター30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』や、2018年9月22日・23日に開催されるカプコンプロツアー ジャパンプレミアなどの告知を行った。『ストリートファイター30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』にも限定版が登場しており、額装グラフィックアートを始めとするここでしか手に入らない豪華な特典が多数同梱される。『カプコン ベルトアクション コレクション』の限定版とともに注目したいところだ。

 押切先生は、「僕のようなクソマンガ家を呼んでいただいて、ありがとうございます。『ハイスコアガール』のアニメも放送中で、原作のほうは9月26日で最終回を迎えます。そちらのほうもよろしくおねがいします」と語り、ステージを締めくくっていた。