2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日にカプコンブースで行われた『デビル メイ クライ 5』スペシャルステージの模様をお届けする。

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日にカプコンブースで行われた『デビル メイ クライ 5』スペシャルステージの模様をお届けする。

▲カプコンブースには、本作の試遊台やフォトスポットなどが用意されている。

 イベント開始時間になるとステージに本作のプロデューサーを務める岡部眞輝氏、マシュー・ウォーカー氏、ディレクターの伊津野英昭氏が登壇し、さっそく東京ゲームショウ2018のために制作された最新トレーラーを公開。

 映像は、“ダンテ”が戦う様子や、過去のシリーズ作品に登場したキャラクターの“トリッシュ”と“レディ”に加えて、3人目のプレイアブルキャラクターとなる“ブイ”が登場するなど、盛りだくさんな内容。伊津野氏は同トレーラーについて、「いろいろな情報が詰まっているので、何度も見てください」とコメントしていた。

 その後には、トレーラーに登場した注目要素に関するトークを展開。まずは、ダンテについて。これまでに公開されていたオートバイに乗って登場したときとは髪型や髭が違うことが気になるところだが、詳細は後々のお楽しみとのこと。なお、ダンテの情報は、明日以降のステージイベントでも公開予定となっている。

 トリッシュとレディについては、どちらのキャラクターも、ほかのキャラクターと同様に実在のモデルがいることが明かされた。ちなみにレディの衣装はキャラクターデザイナーの吉川達哉氏のデザインとのこと。

 そして、“ネロ”、“ダンテ”に続く、3人目のプレイアブルキャラクターとなる謎の男“ブイ”。性別以外の詳細は不明だが、伊津野氏によると「ダンテに今回の仕事を依頼した人物」ということで、かなり重要なキャラクターになると思われる。

 続いて、既報の通り『ロックマン』とのコラボが発表された。“ロックバスター”がネロの“デビルブレイカー”として使用できるほか、装備時には体力がゼロになったときに専用の演出が入るなど、かなり制作に力を入れているとのこと。

 そして、ここでスペシャルゲストとして河森正治氏が登壇し、同氏が“デビルブレイカー”のデザインを担当していることが発表された。河森氏の起用は、伊津野氏の熱望によるものだそうで、「河森さんと仕事をしていることがうれしくて、いろいろなところで言いたかったんですけど、ようやく発表できました」と想いを語っていた。

 ここからは河森氏を交えて、デビルブレイカーに関する話題へ。デビルブレイカーは、武器アーティストのニコが悪魔の右腕を失ったネロのために作った特殊な武装。本作では、デビルブレイカーを切り換えながら、戦っていくのが魅力のひとつとなっている。そんなデビルブレイカーの印象について、河森氏は「義手をつぎつぎと付け替えるというところが燃えましたね!」とコメント。

 続いて、ゲーム内に登場する、デビルブレイカーを開発秘話とともに紹介。まずは、敵を地面に叩きつける“バスターアーム”。伊津野氏によると、『デビル メイ クライ 4』に登場した“デビルブリンガー”に近づけるため、収納状態からいかに大きな手に変形できるのかを試行錯誤したそう。それに対して、河森氏は「手の平だけを大きくするのには限界があるので、腕のすべてが手に変わるという方法を考えました」と制作時を振り返った。

 つぎは、推進噴射装置で加速し、破壊力を増した拳で殴る“パンチライン”。このブレイカーは撃ち出すことが可能で、さらにその撃ち出したブレイカーにネロ自身が乗ることもできるのが特徴。撃ち出したブレイカーに乗るというアイデアは河森氏の提案だったそうだが、実現するのは苦労があった様子。というのも、『デビル メイ クライ 5』はフォトリアルな作品なため、ブレイカーの翼の部分が細すぎると折れそうに見えてしまったり、キャラクターに対して撃ち出したブレイカーが小さいと違和感を感じてしまうようで、そのように感じさせないデザインにするには工夫が必要だったことが語られた。

 なお、“バスターアーム”と“パンチライン”のふたつは、東京ゲームショウ2018にプレイアブル出展されているバージョンで初めて使用可能になっているとのことなので、試遊予定の人は、ぜひチェックしてみよう!

 3つめは伸縮するムチのような“ローハイド”。ポイントとして、ただの紐のように伸びるだけではなく、腕を輪切りにして、輪になった部分がスライドして変形する仕組みになっているとのこと。さらに、河森氏からは、変形した際にどのくらい伸びるかを調べるため、ブロックを使って実験したというこだわりのエピソードも披露された。

 まだまだ話は尽きない様子だったが、ここで時間となってしまい、河森氏は「ほかにも、まだ紹介していない、いろいろなギミックが搭載されたブリンガーが登場します。ゲームのほうもすごく綺麗なビジュアルで、派手なアクションとカッコいいコンボができることを私も期待しています。皆さんもいっしょにプレイしましょう」とメッセージと送り、降壇した。

 その後、関連グッズ紹介と、本作の予約が本日(9月20日)より開始されることに加えて、ゲーム本編とダウンロードコンテンツをセットにしたお得なデラックスエディションの情報などが公開され、ステージは終了となった。

※『デビル メイ クライ 5』公式サイト 商品ラインアップページ

GILD designによるジェラルミン削り出しのiPhone用ケース。10月より予約開始予定。
アパレルブランド“R4G”とコラボしたTシャツ(2種類)とパーカー(1種類)が登場。9月25日13時より予約開始予定。
KOTOBUKIYAの“ARTFX J”シリーズにて、“ネロ”と”ダンテ”の1/8スケールフィギュアが発売決定。発売時期と価格は未定となっている。
予約特典情報なども公開。
パッケージ版の予約特典は全機種共通で、“EXカラーパック”。なお、ネロは“魔剣教団”、ダンテは『DmC Devil May Cry』をイメージしたカラーになっているとのこと。
ダウンロード版の予約特典は、“EXカラーパック”に加えて、各機種に専用アイテムが用意されている。
ゲーム本編とDLCを詰め合わせた“デラックス エディション アップグレード”をセットにした“デラックス エディション”も発表。なお、“デラックス エディション”はDL販売のみとなるが、“デラックス エディション アップグレード”は、2019年3月9日より、プレイステーション4/Xbox One版が1500円[税抜]、PC版が1505円[税抜]で別途配信予定。
デラックス エディション アップグレードでは、ロックバスターを含む、5つの武器が手に入る。なお、各コンテンツは後日に個別でも販売予定。
そのほか、戦闘BGMをスタッフが厳選した過去シリーズの楽曲に変更できる“BGMセット”や、スタイリッシュランク表示&タイトルコールの特別ボイス、さらにゲーム中のCGカットシーンを実写のビデオコンテに変更できる機能も追加される。なお、これらのコンテンツについても後日個別販売が予定されている。