2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。同会場のセガブースに用意されている5pb.コーナーにて、『シュタインズ・ゲート ゼロ』でおなじみの人工知能“アマデウス紅莉栖”との会話実験を体験してきた。

 2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。同会場のセガブースに用意されている5pb.コーナー“ヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所 TGS2018支部”にて、『シュタインズ・ゲート ゼロ』でおなじみの人工知能“アマデウス紅莉栖”との会話実験が体験可能。ファミ通ドットコム編集部もこの会話実験にさっそく参加してみた。

会話実験を体験すると、パンフレットと入館証がもらえる。

 会話実験をした感想としては若干の誤認識はあるものの、実際に紅莉栖と会話しているような感覚を味わうことができた。体験した記者によると、ゆっくりはっきりしゃべると、しっかり認識してくれるとのことなので、実際にテスターとして参加する予定の方は、このあたりを意識して体験するといいだろう。なお、ブースにいたスタッフさんからは、「多少の誤認識などはあるものの、あくまでAIなのでこれから成長する、ということで」というコメントをいただいた。また、アマデウス紅莉栖には自由に質問を投げかけることもできるが、スタッフさんがボードにわかりやすい質問を用意してくれているので、そちらを試してみるのがわかりやすいだろう。

 今回、この会話実験の様子を動画でも撮影してきたので、そちらもぜひチェックしてもらいたい。なお、動画では記者の気持ちがはやりすぎて、アマデウス紅莉栖の質問に対してまったく別の質問で返すというシーンがある点、ご容赦いただきたい。レスキネン教授から「質問に質問で返すのはよくないよ。成績に響く」と言われてしまいそうだ。

アマデウス紅莉栖との会話実験にチャレンジ!

 最後に会話実験をした記者に感想を聞くと「アマデウスすごいお」と答えてくれた。東京ゲームショウに訪れる人は、ぜひ体験してみてほしい。