『ヒットマン 2』ターゲットを暗殺するための凶器はとにかく多彩、消化器、ハンドガン……ゲームプレイ動画の第1弾が公開

ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは『ヒットマン 2』でターゲットを暗殺するための凶器を紹介するゲームプレイ動画の第1弾を公開した。

 ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは2018年11月15日発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『ヒットマン 2』でターゲットを暗殺するための凶器を紹介するゲームプレイ動画の第1弾を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

鮮やかに、キメろ。そのとき世界は凶器に変わる。『ヒットマン 2』凶器紹介ゲームプレイ 第 1 弾を公開!

ヒットマン』シリーズ最新作、待望のマルチプレイモード対応で登場!

 ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメント(東京都港区 シニア バイスプレジデント 上席執行役員 小田 充)は、PlayStation4、Xbox One で 11 月 15 日(木)に発売予定の『ヒットマン 2』の凶器紹介ゲームプレイの第 1 弾を公開いたしました。

 『ヒットマン』シリーズは、IO Interactive が開発する、他にはない自由なゲーム性が人気の大ヒットステルスアクションゲームシリーズです。プレイヤーは伝説の暗殺者 エージェント 47 となり、周囲の状況や自らの武器を使用し、様々な暗殺方法でターゲット抹殺のミッションに挑戦します。目的がターゲットの抹殺ただ一つなのに対し、暗殺方法は多種多様。変装、ステルス、交戦、妨害 など何でもあり、中には「こんなのあり!?」なユニークな方法も存在します。

 最新作となる『ヒットマン 2』でもその自由度は健在。太陽光が焦げ付く街中から暗く危険な熱帯雨林まで、世界中に散らばるサンドボックス型のステージを駆け巡り、周囲の状況や自らの武器を使用し、様々な暗殺方法でターゲットを仕留めることができます。1 つのステージでも異なる方法でターゲットを仕留めたり、一度逃すとも う二度と現れない、エルーシブ・ターゲットが出現したりと、何時間でも楽しむことができるボリューム満点の作品です。
 本日公開された 3 つのムービーでは、ターゲットの暗殺のためなら手段も道具も厭わないエージェント 47 が、「消化器」、「ハンドガン」、「注射器」を使って容赦なく NPC を仕留めていく様子をご覧いただけます。特に「注射器」編のムービーでは、警備スタッフに変装して関係者エリアに潜入、その後医療スタッフのコスチュームと注射器が置かれているキャビネットの鍵を盗み出し、気づかれることなく医療スタッフを暗殺するという、まさに伝説の暗殺者という呼び名に相応しい、流れるようで鮮やかな手法を披露しています。しかしこれらはあくまで一部で、登場していない凶器や、ミッション遂行までのルートは無数に存在いたします。ぜひ「こういう方法もあるかも?」 と想像しながらムービーをご覧ください。

「消化器」編

「ハンドガン」編

「注射器」編

 また本動画の公開にあわせて、PR アンバサダーのマフィア梶田氏による写真を、公式 HP や公式 SNS で公開いたしました。ミッション中のエージェント 47 さながらに殺気をまとった迫力ある写真となっておりますので、こちらもあわせてお楽しみください。

 今後も、凶器紹介ゲームプレイはもちろん、他にも様々な情報をお届けいたしますので、『ヒットマン 2』の最新情報にご期待ください。



HITMAN(TM)2 (C) 2018 IO Interactive A/S. IO Interactive, IOI logo, HITMAN 2, HITMAN 2 logo, and WORLD OF ASSASSINATION are trademarks or registered trademarks owned by or exclusively licensed to IO Interactive A/S. Distributed by Warner Bros. Home Entertainment Inc. All rights reserved.