CD PROJEKT REDは王令ステーション4、Xbox OneおよびPC用ソフト『サイバーパンク2077』について、48分に渡るゲームプレイ映像を公開した。また、合わせて本作のゲームディレクター​である​アダム・バドウスキ​からファンへ向けてのメッセージも公開した。

 CD PROJEKT REDはプレイステーション4、Xbox OneおよびPC用ソフト『サイバーパンク2077』について、48分に渡るゲームプレイ映像を公開した。また、あわせて本作のゲームディレクター​である​アダム・バドウスキ​からファンへ向けてのメッセージも公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

「サイバーパンク2077」のゲームプレイ映像が遂に公開!ゲームディレクター、アダム・バドウスキからのメッセージも

「ウィッチャー」シリーズの開発会社として知られる CD PROJEKT RED は本日、次回作であるオープンワールドRPG「サイバーパンク2077」の48分に渡るゲームプレイ映像を、初めて一般公開いたしました。それに合わせ、​「サイバーパンク2077」のゲームディレクター​であり、CD PROJEKT REDのスタジオヘッドでもある​アダム・バドウスキ​が、ファンに向けてのメッセージを公開しています。

アダム・バドウスキによるメッセージ

今回皆さんにお見せするのは、「サイバーパンク2077」開発段階のゲームプレイ映像です。グラフィックやゲームシステムなど、多くの要素が今後変更される可能性が高いため、当初この映像はメディアにのみ公開し、一般公開をする予定はありませんでした。銃撃戦(ビジュアル面に加え、RPG的な数値がどう影響するのか等)、ネットランの演出、車両の挙動、ゲームのUIなど、すべてがまだプレイテスト段階であり、それらをあたかも確定された仕様であるかのように公開するのには、開発スタジオとして抵抗があったのです。アニメーションの不具合や、作成途中のキャラクターの表情、未調整のマップのロケーションに至るまで、あらゆる面で本作は完成から程遠い状態です。

しかしながら、多くのファンの皆様が、本作のゲームプレイを一目見たいと切望されていることも十分に理解しています。そのため、今からご覧頂く映像は製品発売日の最終的な「サイバーパンク2077」とは全く異なるものになるかもしれませんが、48分のゲームプレイ映像を皆様に公開させて頂くことを決定しました。​ これが現在の「サイバーパンク2077」の姿です。​是非、感想を聞かせてくださいね!

アダム・バドウスキ サイバーパンク2077 ゲームディレクター

「サイバーパンク 2077」ゲームプレイ映像

サイバーパンク2077について
「サイバーパンク2077」は、マイク・ポンスミスによるテーブルトークRPG「サイバーパンク2.0.2.0.」に基づいて開発された、物語主導型のオープンワールドRPGです。近未来の巨大都市“ナイトシティ”を舞台に、新鋭のサイバーパンク“V(ヴィー)”を主人公として物語は展開します。CD PROJEKT REDといえば、プレイヤーの選択が結果に影響するストーリーテリング手法ですが、その特徴は「サイバーパンク2077」でも健在です。摩天楼が建ち並ぶナイトシティの一員となったプレイヤーには、ゲーム全体の流れにも影響しうる、数多くの困難な選択が訪れるでしょう。「サイバーパンク2077」は、PlayStation 4、Xbox One、PCで発売予定です。