オープンワールドFPS『RAGE 2』新ゲームプレイ動画が公開。電撃トラップを仕掛ける“イモータル・シュラウド”の車両軍団など、ビークル戦の様子も

オープンワールドFPS『RAGE 2』の新たな動画が公開。注目はビークル(車両)でのカーチェイスバトル。

 ベセスダ・ソフトワークス傘下id Softwareのファン向けイベント“QuakeCon”で、かつてidが手掛けたFPSの続編『RAGE 2』の新たなゲームプレイ映像が公開された。

 今回公開された映像は、以前E3でお伝えしたプレス向けデモの前に流された解説ビデオをアップデートしたもの。記者の記憶が確かならば、新たなシーンがいくつか追加されている。

『Rage 2』自分も敵も「ヒャッハー!」と撃ちまくるパンキッシュオープンワールドFPSのE3デモをプレイ。インタビュー付きでリポート【E3 2018】

ベセスダ・ソフトワークスのオープンワールドFPS『Rage 2』のプレイリポートを、ゲームディレクターへのインタビューとあわせてお届け。

 中でも注目は、本作でパワーアップする要素のひとつであるビークル(車両)での戦闘の様子。オープンワールドFPSとなった本作では、主人公ウォーカーが愛機“フェニックス”などのビークルに乗り込んで荒野の無法者軍団の車列と熾烈なチェイスをくり広げる、ビークル戦が大々的にフィーチャーされている。

 “グーン・スクワッド”や“イモータル・シュラウド”といった軍勢はそれぞれ個性的な車両集団を所有している模様で、動画ではイモータル・シュラウドのビークルが電撃トラップを設置したり、バイクの間に電撃ビームを張ったりしているシーンが見られる。

 またウォーカーがビークルを走らせながら迫撃砲で前方の車列を爆撃するシーンもあるのだが、結構使いやすそう。なお車列をひとつ壊滅させるとより強力な車列が登場する代わりに、報酬として大型の車両用装備が手に入ることもあるそうなので、カスタマイズの幅なども気になるところ。

 そのほか前作に引き続き登場予定のレースのシーンなども映っており、『ジャストコーズ』シリーズやゲーム版『マッドマックス』を手掛けたAvalanche Studiosらしい、アクション性が高いビークルプレイが楽しめそうだ。