『Marvel’s Spider-Man』1/6スケールの可動フィギュアが登場、ゲーム中の表情を再現

プレイステーション4用ソフト『Marvel’s Spider-Man』に登場するスパイダーマンが、1/6スケールで立体化、2018年9月に発売される。

 ホットトイズは、プレイステーション4用ソフト『Marvel’s Spider-Man』に登場するスパイダーマンを、1/6スケールで可動フィギュア化することを決定、2018年9月に発売する。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

[ビデオゲーム・マスターピース]『Marvel’s Spider-Man』1/6スケールフィギュア スパイダーマン(アドバンスド・スーツ版)

ニューヨークを縦横無尽に駆け巡る、最新ゲーム版スパイダーマン!

ホットトイズの「ビデオゲーム・マスターピース」に、PlayStation4専用のアクションゲーム『Marvel’s Spider-Man』がラインナップ!スパイダーマン(アドバンスド・スーツ版)が登場だ!

Marvel’s Spider-Man』に登場するスパイダーマンを、全高約30センチ、30箇所以上が可動するハイエンドな1/6スケールのフィギュアとして立体化。マスクを着用したヘッドは、3種類の眼部パーツを差し替えることによって、ゲーム中で見せるユニークな表情を演出することができる。

コスチュームは、赤、青、白のカラーリングが特徴的なアドバンスド・スーツを着用。シンボルである蜘蛛のマーク、形状が異なる3種類のウェブ・シューターなど、ディテールや素材にこだわり抜き、質感に至るまで精巧な仕上がり。新たに開発したボディーを採用することで、細身ながらも筋肉質な肉体の再現度を高めている。

アクセサリーとして、スパイダー・ドローン、スパイダーマンのぬいぐるみ、トリップマイン、ウェブ・ボム、スパイダー・シグナル、バルチャー・ジャマー、スマートフォンなどが豊富に付属。また、多彩な形状のスパイダーウェブや、ウェブの先に取り付けることで展開状態が再現できるエフェクトパーツ。そしてヘッドに付けることでスパイダーセンス発動時を再現できるフィルムや、ウェブのステッカーが付属するのは嬉しいポイントだ!

豊富な差し替え用ハンドパーツを併せて使用すれば、ゲーム内のさまざまなシチュエーションを演出することができるぞ。台座は作品のロゴマークがあしらわれており、ニューヨークの街並みがプリントされたバックボードが付く特別仕様。自由にフィギュアの保持位置を変更できるフレキシブル・ピラーを採用しているので、ウェブ・スウィングしている姿など、スパイダーマンならではのアクションシーンを数多く楽しむことが可能だ。

ホットトイズの高い技術力によって早くも立体化された、最新ゲーム版スパイダーマン。彼の魅力を存分に封じ込めた本アイテムは、絶対に見逃せない逸品だ!今後も展開が続くホットトイズの『Marvel’s Spider-Man』シリーズから、ますます目が離せないぞ!

発売:2019年9月発売予定
定価:35,000円(税込)/トイサピエンス予約価格:29,800円(税込)
サイズ:高さ約30センチ
可動:30箇所
付属品:差し替え用眼部パーツ(×2セット)、差し替え用ウェブ・シューター(×2セット)、スパイダー・ドローン、スパイダーマンのぬいぐるみ、トリップマイン(×2)、ウェブ・ボム(×2)、スパイダー・シグナル(×2)、バルチャー・ジャマー、スマートフォン、スパイダーウェブ(×5)、スパイダーウェブ用エフェクトパーツ、スパイダーセンスのフィルム、ウェブのステッカー、バックボード、特製台座
取扱店:東京フラッグシップ・ストア「トイサピエンス」 http://www.toysapiens.jp/item/200016322000.html
    ほか



(c) 2018 Marvel.
※画面は開発中のものです。