『Firewall Zero Hour』の日本国内での発売日が8月30日に決定! 4VS4のチーム戦がアツいFPSがPSVRに登場 

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、プレイステーション VR用ソフト『Firewall Zero Hour』について、日本国内での発売が2018年8月30日に決定したことを発表。予約受付は7月3日から開始となる。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、プレイステーション VR用ソフト『Firewall Zero Hour』について、日本国内での発売が2018年8月30日に決定したことを発表。予約受付は7月3日から開始となる。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

PlayStation4用ソフトウェア(PlayStationVR必須) 『Firewall Zero Hour』 日本国内にて2018年8月30日(木)発売  2018年7月3日(火)より予約受付開始 緊迫のオンライン4 vs 4チームバトルがPlayStationVRでついに登場!

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、日本国内に向けて、PlayStation4(PS4)用ソフトウェア(PlayStationVR必須)『Firewall Zero Hour』通常版を4,900円(税別)、数量限定で「PlayStationVR シューティングコントローラー」同梱版を8,900円(税別)にて2018年8月30日(木)に発売いたします。また、2018年7月3日(火)より全国のPlayStation取扱店にて予約受付を順次開始いたします。

 『Firewall Zero Hour』で、プレイヤーは匿名の契約者に雇われた傭兵となります。そして機密データを巡っての攻防戦が繰り広げられる世界へと、身を投じていきます。作戦行動中、プレイヤーは仲間である「ハンドラー」からの連絡によって機密データの場所を示され、目標を達成することで報酬を獲得することができます。

 攻撃側は「ファイアウォール」にアクセス可能な「アクセスポイント」を解除し、パソコン内の機密データをハッキングすることが目的で、防衛側はその「アクセスポイント」を攻撃側から守り、ハッキングを阻止することを目的としています。

 攻撃側、防衛側ともに最新装備と綿密なタクティクスをもって目的達成のために戦い、勝利したチームは経験値とゲーム内通貨を獲得できます。獲得した経験値とゲーム内通貨を使用することで、新たな傭兵キャラクターや武器、装備をアンロック・購入することが可能です。

<PlayStation4用ソフトウェア『Firewall Zero Hour』概要>

作品名:Firewall Zero Hour(ファイアウォール・ゼロ・アワー)
ジャンル:タクティカルマルチプレイヤーFPS
対応機種:PlayStation4、PlayStation4 Pro 
PlayStationVR:必須
対応コントローラー:PlayStationVR シューティングコントローラー、DUALSHOCK4
プレイ人数:オンライン1~8人
発売予定日:2018年8月30日(木)発売予定
価格:
【Blu-ray Disc版】
通常版:4,900円+税
「PlayStationVR シューティングコントローラー」同梱版:8,900円+税
【ダウンロード版】
通常版:5,292円(税込)
CERO:D(17歳以上)
開発元:First Contact Entertainment
発売元:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント



(C)Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by First Contact Entertainment.