2018年6月23日、楽天クリムゾンハウスにて、『絶体絶命都市4 Plus -Summer Memories-』のトーク&試遊イベント“『絶体絶命都市4 Plus』楽天ブックス最速体験会&スペシャルトークショー”が開催された。本記事では、体験会のの模様をお届け。

 2018年6月23日、楽天クリムゾンハウスにて、サバイバルアドベンチャーゲーム『絶体絶命都市4 Plus -Summer Memories-』に関するトークと、初の試遊体験ができるイベント“『絶体絶命都市4 Plus』楽天ブックス最速体験会&スペシャルトークショー”が開催された。本記事では、体験会の模様と、担当ライターのプレイインプレッションをお届けする。

VRモードも試遊可能!

 ゲーム本編が遊べる体験会としては、初となる今回のイベント。本編の試遊はゲーム序盤のシーンを、10分間だけ自由に探索可能。VRモード版は、最後まで試遊することができた。なお、VRモード版は、これまでの試遊版とは異なり、横断歩道橋にのぼったり、コンビニでの探索など、さまざまなシーンが追加されている。

 試遊に参加した方々にお話を聞くと、本編を体験した方は「探索できる場所が多くて、早く家で遊んでみたいです」と、発売を楽しみにしている様子。VRモードを体験した方は、「初めてVRを体験しましたが、臨場感がすごいです。瓦礫が自分に降って来たときには、思わず身体が動きました」と、驚いていた。

 ここからは、担当ライター・西川くんによるプレイインプレッションをお届けしよう。

いろいろ選択肢を試してみました!

 初めて遊べる緊張からか、初代『絶体絶命都市』の記憶が蘇ったせいかは分かりませんが、喉がつねに渇いてしまい、取材中も水分補給しまくっていた西川くんです。今回の試遊版は、10分間のプレイ時間制限があるため、ほんの少しの時間しか体験できませんでした。しかし、時間の許す限り、さまざまなことを試してみましたよ!

操作方法がこちら。

 シーンはゲーム序盤の、地震が発生して主人公の乗るバスが横転してしまったところから。街中の人たちは混乱しているからか、状況がうまく飲み込めていないようで、騒ぐ人もいなければ、むしろ全体的に呑気な空気。倒壊するビルをスマホで撮影している人も多く、あっけらかんとした雰囲気が逆にリアルに感じました。

探索中に地震で信号機が倒れてしまい、主人公にダメージが。地面がひび割れ、リアルタイムに崩壊していく様子がメチャクチャリアルでした。
ブティックも倒壊していますが、店員も身の危険より店の心配。奥では、こんな状況でも商談すら進んでいるようでした。
探索していると、コンパスをゲット。シリーズおなじみの、バラエティー豊かなコンパスもしっかり用意されているようです。
ブティックの試着室に入ると、服装なども変更できるようです。しかし、うっとりするって……(笑)。

 また、さまざまな登場人物と出会い、クエスト的なものが発生することも。今回は3人の登場人物に出会えました。なお、シリーズおなじみのユニークな選択肢も健在。今回の試遊では、全部そのユニークなものを選んでみました!!

リストラされた元サラリーマンの男性。地震で(会社で食べることになっているであろう)愛妻弁当を落としてしまい、ボーッと眺めていました。……か、悲しいよ!!
そんなおじさまにウットリする主人公ちゃん。『絶体絶命都市』だもの!
今回の体験では淡泊な会話が多かったものの、これらの登場人物が製品版ではさまざまなストーリーをくり広げてくれるでしょう。
シリーズおなじみどころか、『巨影都市』にも出演した、比嘉夏海。高校教師として、はぐれた女子高生たちを探していました。いわゆる、彼女たちを探し出すクエストのようなものが受けられます(達成は時間内にはできませんでした)。
やっぱりこういう選択肢があるのが、九条一馬氏の作るゲームだなぁ~! と個人的に感激していました(笑)。
面接日が、地震のせいで中止になってしまった就活生にも遭遇。地震の影響で、さまざまな人物の人生に困難が降りかかるようです。

 登場人物たちとの会話をしていくうちに、10分の体験時間はあっという間に終了。今後各地で体験イベントが開催されるほか、7月には体験版の配信も予定している本作。配信開始時には、さらにいろいろなことを試してみたいッス!!