2018年6月12日~14日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催されている“E3 2018”。最終日となる14日、『キングダム ハーツIII』のデモプレイの模様が“SQUARE ENIX PRESENTS”にて配信された。

 2018年6月12日~14日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催されている“E3 2018”。最終日となる14日、『キングダム ハーツIII』(以下、『KHIII』)のデモプレイの模様が“SQUARE ENIX PRESENTS”にて配信された。

 E3 2018会場でプレイ可能な『KHIII』のバージョンは、2018年5月に実施されたメディアプレビュー版とほぼ同じ(遊べる範囲が異なる)。番組では『トイ・ストーリー』のワールドと、『ヘラクレス』のワールドそれぞれをプレイした。以下ではその内容をかいつまんでお届け(デモプレイは動画の3:00:00過ぎから)。

※画像は配信をキャプチャーしたものです。

『トイ・ストーリー』のワールドの冒頭。見慣れぬ来訪者を最初はいぶかしんでいたウッディたちだが、レックスはソラを“ヨゾラ”という人気キャラクターと勘違いし、最初から歓迎ムード(ヨゾラの出るゲームをプレイしているが、ボスの“バハムート”がタフで難航しているらしい)。
あるとき目覚めたら、アンディや一部の仲間たちがいなくなっていたという。一行は消えた仲間を捜し、おもちゃ屋へと向かうことに。
攻撃し続けていると、画面左に制限時間付きのコマンド“シチュエーションコマンド”が表示されていく。キーブレードの変形や、遊園地の乗り物をモチーフとした“アトラクションフロー”などの特殊技も、シチュエーションコマンドとして発動までの制限時間が設けられている。
もちろん、ドナルドやグーフィーとの連携もあり。ドナルドとはいくつもの花火を周囲に放つ協力技、グーフィーとは一度空中に飛び上がってから敵に突っ込む協力技がくり出せる。
おもちゃ屋内部では、ロボットのおもちゃ“ギガース”に乗って主観視点でのバトルを体験。ギガースのHPが減ると、UIが赤くなり煙が出る。
さまざまな仲間の力を借りられる“リンク”。番組では、PVに登場したシンバもリンクキャラクターであることに言及していた。
『KH3D』に登場したワンダニャンとのリンクでは、キュートなヒップアタックを見舞う。フィニッシュでは巨大化して大勢のドリームイーターが出現!