明日(5月12日)の『題名のない音楽会』は『FFVII』! 『片翼の天使』、『星降る峡谷』など植松伸夫氏厳選の5曲を演奏!

テレビ朝日の人気音楽番組『題名のない音楽会』。2018年5月12日(土)朝10時からの回は、“植松伸夫が厳選!ファイナルファンタジー吹奏楽の音楽会”と題し、『ファイナルファンタジーVII』から5曲が演奏される。

 テレビ朝日の人気音楽番組『題名のない音楽会』。2018年5月12日(土)朝10時からの回は、“植松伸夫が厳選!ファイナルファンタジー吹奏楽の音楽会”と題し、『ファイナルファンタジーVII』から下記の5曲が演奏される(※地域によって放送時間は異なります)。出演は、植松伸夫氏、ジョン・海山・ネプチューン氏、栗田博文氏、シエナ・ウインド・オーケストラ、ほか。

『題名のない音楽会』公式サイトより。CMの映像でちょっと視聴もできます(2018年5月11日現在)。

  1. 『オープニング~爆破ミッション』
  2. 『ケット・シーのテーマ』
  3. 『花火に消された言葉』
  4. 『星降る峡谷』
  5. 『片翼の天使』

 『題名のない音楽会』では、2015年11月22日の“ゲーム音楽史の音楽会”を皮切りに、定期的にゲーム音楽が取り上げられており、以前も“吹奏楽によるファイナルファンタジーの音楽会”として、『FF』音楽の父・植松伸夫氏と、プロの吹奏楽楽団“シエナ・ウインド・オーケストラ”が出演し、見事な演奏をくり広げていた。

2016年4月3日の『題名のない音楽会』は『FF』特集! 収録後の作曲家・植松伸夫氏に番組と、間もなく始まる吹奏楽コンサートツアーを聞く

毎週日曜9時に放送され、長年親しまれている、テレビ朝日の音楽番組『題名のない音楽会』2016年4月3日(日)放送のテーマは“吹奏楽によるファイナルファンタジーの音楽会”として、『FF』音楽の父・植松伸夫氏が登壇し、各曲への思い入れなどを話している。本記事では、番組の収録を終えた植松伸夫氏を直撃した!

 “シエナ・ウインド・オーケストラ”と言えば、『FF』楽曲の吹奏楽アルバム『BRA★BRA FINAL FANTASY』シリーズでおなじみ。今回番組で演奏されるのは、『FF』シリーズの中でもとくに人気の高い『FFVII』の楽曲で、2018年4月4日に発売されたアルバム『BRA★BRA FINAL FANTASY VII BRASS de BRAVO with Siena Wind』に収録されているが……、じつは『星降る峡谷』はコンサートでの演奏だけで、CDに収録されていない。

“BRA★BRA FINAL FANTASY 2018”のツアーがスタート! 初となる『FFVII』単独コンサートは大盛況で好調な滑り出し

2018年4月14日(土)からスタートした吹奏楽コンサートツアー“BRA★BRA FINAL FANTASY VII BRASS de BRAVO with Siena Wind Orchestra”。その幕開けとなる東京公演のリポートと、公演後に行われた囲み取材の模様をお伝え。

 『題名のない音楽会』の公式ホームページで観られるCM映像では、ジョン・海山・ネプチューン氏が演奏する尺八の音色で『星降る峡谷』の一端が視聴可能。テレビでもチェックして、セトを想うナナキの気持ちになって聴きたいところだ。



(C)1997 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA