DeToNatorがZOA厚木店にやってきた! 『PUBG』と『Fortnite』で盛り上がった店舗イベントをリポート

PCショップのZOA 厚木店で自作PCをテーマにしたイベントが開催された。ゲストとしてプロゲーミングチーム・DeToNatorが来店したイベントの模様をお届けする。

 2018年5月3日、PCショップのZOA 厚木店でGWスペシャルゲーミングイベントが開催された。

 イベントのテーマはゲーミングPCや自作PCだ。ゲストとして、プロゲーミングチームのDeToNatorが出演した。先日のインテル主催イベントでも感じたことだが、DeToNatorはPCそのものやパーツ類のアピールに積極的な様子。

※関連記事
DeToNatorの人気の秘密をインテル主催“PUBG 自作ゲーミングPCイベント”で探る

 会場のZOA 厚木店は車での来店を想定した、いわゆる郊外店。入店すると、そこにはいい雰囲気の光景が広がっていた。

神奈川県厚木市のPCショップにDeToNatorがやってきた。

『Fortnite』&『PUBG』をDeToNatorと遊ぶ

 自作PCというと難解な印象を持つ人もいるだろうが、イベント自体は堅苦しいものではない。

 最新PC事情やパーツ類のセッションは“基礎知識としてこの辺を押さえておけば大丈夫”といった話題も多かった。初心者にもやさしい。

 どちらかというと、DeToNatorとバトルロイヤルシューター『Fortnite』&『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)を楽しむ部分に比重が置かれていたように思う。

まずはPCゲームに親しみ、複雑な話にも少しずつ慣れていってほしいということか。

 DeToNatorからはストリーマーのYamatoN氏と自作PCに造詣の深いsiorin氏が参戦した。

 YamatoN氏は実況・解説・おしゃべりも得意なので、半分は進行役として出演することも多い。一方のsiorin氏は自作知識と好奇心はDeToNator随一ながら、やや口下手。いいコンビだ。

 イベント内では、きっちり進行しようとするYamatoN氏がマイペースなsiorin氏に振り回される場面もちょくちょくあった。ファンなら一生見ていられる光景である。

セッティングを兼ねたテストプレイで、siorin氏の準備ができるのを待つYamatoN氏。

そのとき、siorin氏はヘッドセットの左右を気にしてあたふたしていた。

YamatoN氏の「え~……」みたいな表情が味わい深い。

そして練習は散々な結果で終了した。会場ではウケていたので何よりです。

 『Fortnite』と『PUBG』は、参加者をふたりずつ募り、DeToNatorのふたりと即席チームを結成。SQUAD(4人チームのモード)に挑戦した。

 どちらの回もしっかりやり込んだ人と少年がプレイ用の席についた。席に設置されていたのは、ZOAのオリジナルゲーミングPC。自作派のsiorin氏も「カクつきが一切なかったので、このまま家に持って帰りたいくらい」と性能面も申し分なし。

 肝心のプレイ面では、YamatoN氏とsiorin氏の掛け合いが気になって観戦に集中できなかった。チームワークがいいんだか悪いんだかわからない。僕が「チームワーク悪いなー」とつぶやいたら周囲のスタッフさんが笑ったので、みんなも同じ気持ちだったらしい。

 それでも個々の実力が高いため、また参加者にも助けられて善戦。『Fortnite』ではビクトリーロイヤル(勝利)を獲得し、『PUBG』では2位に輝いた。

 ちなみに、『PUBG』の回に参戦した少年ははるばる栃木県から来店。DeToNatorに会いたくてお母さんに連れてきてもらったらしい。

 誰がいちばん好きか聞いたら、はにかみながら「関さん(ストリーマーのStylishNoob氏のこと)」と答えてくれた。うあー! 愛おしい! わかるわかる。彼はおもしろいよね。

 また、お母さんは息子がゲームに興味を持っていることに理解がある様子だった。こういうのは本当にうれしい。いいものを見た。最高。

将来有望。

タフさが特徴のASUSマザーボード“TUF GAMING”シリーズ

 本イベントはPCやパーツを総合的に取り扱うメーカー・ASUSの協力のもと開催。イベント中のセッションでは、マザーボードのラインナップ解説があった。

 スポーツの世界では道具選びが勝敗を左右する。esportsではその道具がゲーミングデバイスやPCにあたるため、自分にあうものや壊れにくいもの選べば快適に遊べるようになる。

最高峰を目指すゲーミングブランドのROGシリーズ。10年ほどの歴史を誇り、カーレースの世界で言うとF1に値する。

必要十分な機能を備えた一般向けのPRIMEシリーズ。

ここ2年ほどで出てきたROG STRIXシリーズ。ROGシリーズの入門モデルのような位置づけ。

 上記の3つがこれまでのモデルだ。もともとPCパーツに詳しい人であれば用途に合わせて選べるが、これからパーツにこだわろうとするには難しい。

 そこでおすすめなのが、タフさが特徴のTUF GAMINGシリーズ。マザーボードはほかのパーツを取り付ける、言わば母艦だ。壊れると全パーツを載せ替えなければいけないため、壊れにくいのはありがたい。

 加えて、新モデルは前世代と比べて価格が1~2割ほど安くなっているそうだ。新しく自作に取り組むいい機会と言える。

キャンペーンのキャラクターとしてDeToNatorを起用。

アメリカの国防総省が定める規格をクリアした高耐久なチップなどが使われているため、電力供給や発熱量が安定。

高性能なグラフィックボードは重量もあるため、マザーボードに負荷がかかりがち。その点、TUFシリーズはスロットが頑丈なので安心なのだ。

錆びにくいスチール素材を使っているので、長く使い続けられる。地味だけど重要なポイント。

ゲーミングPCと言えばきれいなLEDライト。マザーボードでPCのイルミネーションを一元管理する“AURA SYNC”を備えている。

セッションをまじめに聞くsiorin氏とYamatoN氏。

地方や郊外のイベントが増えますように

 ZOAのグループは全国に22店舗を展開している。こういったイベントを開催するのは初めてということで、お店の人に感想を聞いてみた。

「最初は心配でしたが、多くのお客様に集まっていただいて、店側としてはありがたいです。大成功かなと思ってます。イベントの模様は当社の22店舗でライブ配信しました。この挑戦もよかったなあ、と」

 このように、店舗側としても上々の結果に終わったようだ。今回はトライアルケースだったが、ほかの店舗にも広げたい気持ちはあるとのこと。ZOAが拠点とする静岡県あたりはよさそうである。

イベントに合わせて特価品も準備。

チラシに写真と名前が載るってすごいな。

 DeToNator代表の江尻氏は「お店側もお客さんのために試行錯誤してくれて、イベントを楽しんでいたみたいで。そういうのがうれしいですよ」と満足そう。

 僕はゲームの遊びかたやゲームとの付き合いかたは自分で考えほうがおもしろいと思っている。イベント作りも同じだ。

 ただ有名なプレイヤーを呼んでゲームをすればオーケーというわけではなく、来場者を楽しませるために必要な要素を考える。それを積み重ねて関係者がレベルアップすれば、業界の発展にもつながるはずだ。

 イベントごとはどうしても大都市圏の一部に集中する。地方在住者は蚊帳の外に感じていないだろうか。また、人によっては“自分がイベントに参加する”という選択肢に気づけないかもしれない。それは少し悲しい。

 ここ最近はesportsの人気が世間に知られるようになった。世界的なesportsタイトルの多くはPCゲームということもあり、PC界隈も元気になっている。

いい笑顔。

イベント後はサイン会。

 地方に住んでいると、ブームがどこか人ごとのように感じられる。新潟の実家に住んでいる頃の僕はまさにそうだった。だが、実際は一般のプレイヤーもプロゲーマーのファンも、全員がその盛り上がりの一部なのだ。

 いっしょにブームを作り上げていると実感できるという意味でも、地方&郊外でのイベントは大切だ。地元でイベントがあったらぜひ参加してほしいし、お店やメーカー、プロチームにはそういった場をたくさん作ってほしい。単なる僕も希望なのだけど。

イベント中の様子。パネルの後ろから誰かが見ている。

DeToNator代表の江尻氏でした。

気になって出てきちゃう。

おつかれさまでした。

下から。