デジカのBitSummit Volume 6ブースがアツい!『ライバル・メガガン』の出展に加え、柏木准一氏が作る1日限定シューティングゲームのお披露目も 

デジカより、対戦型シューティングゲーム『ライバル・メガガン』が、2018年5月12日、13日に京都市勧業館・みやこめっせにて開催されるBitSummit Volume 6に出展されることが明らかとなった。

 デジカより、対戦型シューティングゲーム『ライバル・メガガン』が、2018年5月12日、13日に京都市勧業館・みやこめっせにて開催されるBitSummit Volume 6に出展されることが明らかとなった。しかも、当日は本作の開発者であるJustin Rempel氏も参加するという。氏が「開発者として日本のゲームイベントに参加するのは初めて」(リリースより)とのことだ。

 また、BitSummitの特設ステージでは、『ダライアスバースト』シリーズのディレクターであるピラミッド代表取締役社長柏木准一氏と共同で、シューティングゲームに関するセッションも予定しているという。さらに、デジカの出展ブースでは、開発者やデジカスタッフ、そして柏木氏と対戦できるスペシャルイベントも実施予定。ユーザーが勝利すると、イベント限定の景品がもらえるらしい。

 しかも! デジカブースでは、柏木氏による1日限定のシューティングタイトルの出展も予定しているのだとか……。タイトルについては当日出展ブースにて発表されるとのことで、シューティングゲームファンはBitSummit Volume 6に注目しないわけにはいかないわけです!

 『ライバル・メガガン』は、画面分割された範囲で出現した敵を倒しながらゲージを貯め、貯まったゲージを消費して対戦相手の画面へ攻撃していくシューティングゲーム。ゲージが最大まで貯まると、巨大なロボ“メガガン”へと変形し、相手へ強力な弾幕をお見舞いできる。選べるヒーローはどれもユニークで、それぞれに異なったスペシャルウェポンやメガガンが収録されている。ふたり用のローカル対戦やオンライン対戦のほかに、ひとり用のアーケードモードも用意されている。対応機種はNintendo Switch、PC、プレイステーション4、Xbox Oneで、リリースは2018年冬を予定している。

プレイヤーを悦楽へと誘う、会場で見つけた魅惑のシューティングゲーム5選【TOKYO SANDBOX 2018】

TOKYO SANDBOX 2018の会場で出展されていた、シューティングゲームをお届けします。