角川ゲームスは、プレイステーション Vita、Nintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『GODWARS 日本神話大戦』について、レベルMAXの大型ボスがつぎつぎと襲いかかる究極のやり込みステージの情報を公開した。

 角川ゲームスは、2018年6月14日発売予定のプレイステーション Vita、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4用ソフト『GODWARS 日本神話大戦』について、レベルMAXの大型ボスがつぎつぎと襲いかかる究極のやり込みステージの情報を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

最終ダンジョン「深遠」を発表、レベルMAXの大型ボスが次々と襲いかかる究極のやりこみステージ

 株式会社角川ゲームス(本社:東京都品川区 代表取締役社長 安田善巳、以下角川ゲームス)は本日、古代日本を舞台とした本格タクティクスRPGシリーズの最新作、PlayStation4、PlayStation Vita、Nintendo Switch対応ソフト『GOD WARS 日本神話大戦』につきまして、新シナリオ「黄泉の迷宮」のクリア後に挑戦できる“究極のやり込みステージ”として、最終ダンジョン「深遠」を発表いたしました。

レベルMAXの大型ボスが次々襲いかかる、究極のやり込みステージ

 最終ダンジョン「深遠」とは、新シナリオ「黄泉の迷宮」のトゥルーエンドを見た人だけが挑戦できる全10面のバトルステージ。各ステージでは、レベル上限の199にまで強化された大型ボスが次々と登場し、タクティクスRPGを極めたプレイヤーたちに挑みかかります。勝利を得るためには、単純な戦闘力の強化では歯が立たず、属性強化や状態異常、囮ユニットの活用など、これまで培ってきたあらゆるタクティクスを駆使する必要がある、まさに“究極のやり込みステージ“となっております。さらに、本作のフィナーレとなる第9、第10ステージには、これまで誰も戦ったことのない“最強の敵”との戦いが待ち受けています。

「深遠」突破後もまだまだ続く! 超級者に向けた“全300時間”のやりこみロードマップ

 最終ダンジョン「深遠」突破後も、『GOD WARS 日本神話大戦』のやり込みは続きます。「深遠」を突破したプレイヤー限定で、新たな難易度「超難しい」が選択可能に。敵の能力がさらに強化された状態で、冒頭から新しくゲームをプレイすることができます。もちろん、新シナリオ「黄泉の迷宮」や最終ダンジョン「深遠」の敵もさらにパワーアップし、総プレイ時間300時間以上におよぶ超級者向けのプレイをご体験いただけます。

 また、周回プレイをスタートする際には、【レベル】【職業】【スキル】【アイテム】【所持金】など、項目ごとに選んで引き継ぎも可能。最強まで育てたキャラクターを使って、サクサクプレイを楽しむもよし、Lv1 から最高の難易度に挑むもよし。お好きなプレイスタイルで二周目をお楽しみいただけます。