『バイオハザード7 レジデント イービル』G.A.N.G.アワードにおけるBest VR Audio部門にて最優秀賞を獲得

カプコンは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード7 レジデント イービル』について、2018 Game Audio Network Guild Awards(G.A.N.G.アワード)のBest VR Audio部門にて最優秀賞を獲得したことを発表。

 カプコンは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード7 レジデント イービル』について、2018 Game Audio Network Guild Awards(G.A.N.G.アワード)のBest VR Audio部門にて最優秀賞を獲得したことを発表。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

『バイオハザード7 レジデント イービル』がG.A.N.G.アワードにおけるBest VR Audio 部門にて、最優秀賞を獲得

 株式会社カプコンは、プレイステーション4、Xbox OneおよびWindows PC向けゲーム『バイオハザード7 レジデント イービル』(以下『バイオハザード7』)が、2018 Game Audio Network Guild Awards(以下G.A.N.G.アワード)のBest VR Audio 部門にて最優秀賞を獲得しましたのでお知らせいたします。

 この度最優秀賞を獲得した『バイオハザード7』は、シリーズのルーツである「恐怖」をメインコンセプトとし、PlayStation VRに完全対応したタイトルです。没入感溢れる恐怖体験を提供するため、従来の三人称視点から一人称視点へゲームシステムを革新するなど、ホラーに焦点をあてた大幅なモデルチェンジを行ったことで、全世界で510万本(2018年3月31日時点)の販売を達成しました。なお、2017年12月に『バイオハザード7』本編と有償ダウンロードコンテンツをセットにした『バイオハザード7 レジデントイービル ゴールドエディション』を発売しています。

 G.A.N.G.アワードは、ゲーム音楽制作に関連する企業によって構成されるGame Audio Network Guild が選出する、ゲーム音楽・効果音を対象とした評価・表彰制度です。『バイオハザード7』はVRゲームを対象に審査されるBest VR Audio 部門において、弦楽器の特殊奏法や、フォーリーステージにて収録した効果音、ヤマハ株式会社の提供する立体音響技術「ViReal(バイリアル)」の活用など、クリエイティビティと技術力が高く評価され、最優秀賞を獲得しました。

 『バイオハザード7』のサウンド制作では、恐怖を引き立たせる環境音や、敵キャラクターの特徴を際立たせる効果音を生み出すため、更には楽曲制作においても、社内に完備するフォーリーステージを活用しました。また、音色のレイヤー化やエフェクトコントロールを容易にするため、NATIVE INSTRUMENTS Kontaktのエンジンで動作する音色作成ツールREMM(Resident Evil Music Module)を自社で開発するなど、当社が志す「世界一面白いゲーム作り」のため、常に最先端の開発環境を整備しています。なお、2018年4月には、自社開発拠点への2基のサウンドスタジオ新設により、3Dオーディオ制作と精緻な音調整が可能となるなど、さらなるゲーム音楽のクオリティアップに努めてまいります。

 当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、オリジナリティ溢れるゲームタイトルを創造し続け、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。

フォーリーステージでの録音の様子

REMM

新設された2基のサウンドスタジオ

【 商品概要 】
タイトル名:バイオハザード7 レジデント イービル
ジャンル:サバイバルホラー
対応機種:PlayStation4、Xbox One、Windows PC
発売日:
日本:2017年1月26日
北米:2017年1月24日
欧州:2017年1月24日
アジア:2017年1月24日



(C)CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.