『ドラゴンズドグマ オンライン』シーズン3.2にて“ダークアリズン”を思わせる新コンテンツ“黒呪の迷宮”が実装!

2018年4月12日実施予定の『ドラゴンズドグマ オンライン』シーズン3.2アップデート続報。新コンテンツ“黒呪の迷宮”を紹介する。

 カプコンがサービス中のオンラインRPG『ドラゴンズドグマ オンライン』のいて、2018年4月12日に“シーズン3.2”アップデートが実施予定。本アップデートでは、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』を連想させるコンテンツ“黒呪の迷宮”が実装。黒呪の迷宮はゲーム本編とは異なるローグライクなダンジョンで、“デス”といったモンスターも登場する。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

『ドラゴンズドグマ オンライン』2018年4月12日(木)シーズン3.2アップデートにて実装される新たなコンテンツ「黒呪の迷宮」の詳細を公開!

本日5日『ドラゴンズドグマ オンライン』は、2018年4月12日(木)実施のシーズン3.2アップデートにて実装されるコンテンツ「黒呪の迷宮」の詳細を公開いたしました。

シーズン3.2アップデートプレビュー

黒呪の迷宮

  • 隔絶された、呪われし迷宮-

本来は交わることのない世界の交錯により姿を現してしまった迷宮。空には常に暗雲が厚く漂い、島の位置はおろか現在の時間すら推し量ることができない。入り口がどこへ続くのか、中に何があるのかはまったくわかっていない。

岩場の険しさや荒れ果てた様子から、生者が居ないことだけは確かなようだ。迷宮の入り口ではポーンであるリュカが佇み、覚者の探索を手助けすると申し出るが――

迷宮の内部はレスタニアの世界には見られなかった遺跡なども存在する。遺跡の内部に何が眠っているかも謎である。

リュカ
迷宮の案内人

黒呪の迷宮について、覚者に探索の依頼を申し出たレスタニアのポーン。戦闘を得意とするわけではないが、迷宮の案内人として、アイテムの鑑定や復活力の回復、転職/戦技の付替えなどを様々な支援を行ってくれる。

Lv.1からスタートし、迷宮を突破せよ!

黒呪の迷宮は、探索のたびに敵や宝の内容が変わる特殊なダンジョンだ。装備品やアイテムは持ち込めず、今までのレベルもなくなり、すべての者が新たな容姿でLv.1からの探索をする。装備もまた迷宮内で手に入れたものを装備することになる。

迷宮だけで入手できるジュエリーを求めよ!

しかし、迷宮を踏破していくことで、ここでしか手に入らない希少な品が手に入る。宝箱の中身と進行状況は迷宮を突破後にリセットも可能。目的の品を求め、探索を続けよ!

3種の印を使い、目当ての品を求めよ!

赤竜の印:効果の封印
迷宮を突破することで、3種の特殊な印が報酬として貰える。印を使うことで、自分にとって不必要なジュエリーの効果を封印したり、レスタニアへ持ち帰ることもできるようだ。赤竜の印は、使用することで迷宮内で獲得できるジュエリーに付与される効果を封印することが可能。目当ての効果が付いたジュエリーを迷宮内で出現させるため、積極的に活用していこう!

銀竜の印:アイテムの交換と鑑定
銀竜の印は、使用することで迷宮内で入手できる同様のジュエリーやポーンの特技習得に使用できる<閃きの果実>と交換が可能になるぞ!

金竜の印:アイテムの持ち帰り
そして、黒呪の迷宮で入手したアイテムをレスタニアに持ち帰るために必要なのが、金竜の印だ! 目的の効果が付与されたジュエリーなど、お目当てのアイテムを入手できたら金竜の印を使い、レスタニアに持ち帰ってジョブエンブレムの継承などに役立ててみよう!

デス(Death)

「死」の名を持つ存在

呪われし迷宮の闇の中より現れる死神。ランタンの灯火は覚者を眠りへと誘い、大鎌は無慈悲に魂を切り裂く。姿を現すも消えるも自由自在であり、その行動から人間が何らかの意思を読み取ることは難しい。

静寂な闇を照らし、「死」へと誘う。
迷宮内で彷徨う覚者の前に、前触れもなく現れるデス。その光に照らされた者に逃げ場はないだろう・・・。



(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.