PS VR、3月29日より34980円[税抜]に価格を改定 従来価格から10000円安く

ソニー・インタラクティブエンタテイメントは、プレイステーション4用バーチャルリアリティシステム“PlayStation VR PlayStation Camera同梱版”(PS VR)※1の希望小売価格を、2018年3月29日(木)より日本では従来の44980円[税抜]から34980円[税抜]に、北米では従来の399USドルから299USドルに、欧州では従来の399ユーロから299ユーロにそれぞれ改定する。

 ソニー・インタラクティブエンタテイメントは、プレイステーション4用バーチャルリアリティシステム“PlayStation VR PlayStation Camera同梱版”(PS VR)※1の希望小売価格を、2018年3月29日(木)より日本では従来の44980円[税抜]から34980円[税抜]に、北米では従来の399USドルから299USドルに、欧州では従来の399ユーロから299ユーロにそれぞれ改定する。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

 ソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)は、PlayStation4用バーチャルリアリティシステム「PlayStation®VR PlayStation®Camera同梱版」(PS VR)※1の希望小売価格を、2018年3月29日(木)より、日本では従来の44,980円+税から34,980円+税に、北米では従来の399USドルから299USドルに、欧州では従来の399ユーロから299ユーロにそれぞれ改定いたします※2。

 2016年10月の発売以来、PS VRにはソフトウェアメーカー各社様およびSIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)の専用または対応ソフトウェアタイトルが約300本※3※4発売されており、今後も『実況パワフルプロ野球2018』(KONAMI)、『ねこあつめVR』(株式会社ヒットポイント)、『ONE PIECE GRAND CRUISE』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)、『Blood & Truth』、『Bravo Team(ブラボー・チーム)』、『Firewall Zero Hour』(SIE WWS)などの様々なタイトルの発売や、『カリードYoung Dumb & Broke VR』(株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント)、『超歌舞伎VR 花街詞合鏡』(株式会社ドワンゴ)などのVRの特性を活かした映像体験をお楽しみいただけるコンテンツの配信を予定しております。

 SIEはこれまで以上に魅力的な価格を実現し、拡充の進むタイトルおよびコンテンツとともに、世界中のユーザーの皆様にとって「プレイステーション」が最高の遊び場であり続けるために、PS VRの更なる普及と拡大を強力に推進してまいります。