任天堂は、E3の情報を掲載する“e3.nintendo.com”にて、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズの大会“Super Smash Bros. Invitational 2018”と、『スプラトゥーン2』の世界大会“Splatoon 2 World Championship 2018”を、E3 2018の期間中である2018年6月11日、12日に開催することを発表した。

 どちらも詳細は発表されていないが、『大乱闘スマッシュブラザーズ』の“Super Smash Bros. Invitational 2018”では招待選手によるトーナメントが開催される様子。また、公開された映像には、先日発表されたNintendo Switch用ソフトの『大乱闘スマッシュブラザーズ』の映像が入っていることからも、新作の『大乱闘スマッシュブラザーズ』を使った大会になることへの期待が高まる。

 というのも、任天堂は2014年のE3でも『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の発売前に、同作を使った公式大会を開催しており、今回も同じ展開になる可能性がある。なお余談だが、そのときはメディア大会も行われ、週刊ファミ通編集部のバサラ佐藤が優勝を飾っている。

 そして、『スプラトゥーン2』の“Splatoon 2 World Championship 2018”は、昨年のE3 2017に続く2回目の開催。前回は、日本代表として、第2回スプラトゥーン甲子園で優勝した“ダイナめう”チーム(ゆっきー選手の辞退にともない、ダイナモン選手が代理で出場)が出場し、惜しくも準優勝となった。今回は、出場チームは明言されていないが、映像の中には、日本の代表として“第3回スプラトゥーン甲子園”が挙げられていることから、第3回スプラトゥーン甲子園の優勝チーム、GG BoyZが代表になる可能性が高そうだ。そのほか、ヨーロッパ、アメリカ/カナダ、オーストラリア/ニュージーランドの全4地区による戦いとなる様子。前回は、『スプラトゥーン2』発売前に同作を使った大会ということで、使えるブキなども限られていたが、今回はどうなるのか!?

※画面は、映像からキャプチャーしたものです。