会期3日目の3月21日には、エピック・ゲームズによる講演“State of Unreal(Unrealの現状)”が開催。Nintendo Switch版『ARK:Survival Evolved』と、『フォートナイト』へのリプレイ機能の実装が発表された。

 アメリカ・サンフランシスコにて、2018年3月19日から23日まで行われる、ゲームクリエイター向けの世界最大規模のカンファレンス、“GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2018”。会期3日目の3月21日には、エピック・ゲームズによる講演“State of Unreal(Unrealの現状)”が開催された。

 例年通り、溢れんばかりの情報が公開された同講演にて、大いに会場を湧かせたのが、日本でも大ヒットを記録した恐竜サバイバルアクション『ARK:Survival Evolved』のNintendo Switch版のリリース決定。講演ではStudio Wildcardのクリエイターが登壇し、「画質的にもプレイステーション4版やXbox One版と遜色ありません。マルチプレイ要素も同じように用意しています」と語った。Nintendo Switch版『ARK:Survival Evolved』は、2018年秋発売予定とのことだ(日本発売は不明)。

 また、現在大ヒットを記録している『フォートナイト』では、毎日たくさんの動画コンテンツが投稿されている現状を鑑みて、「ユーザーの創造性をさらに発揮してもらうために」リプレイシステムの搭載を決定。このリプレイシステムでは、再生速度の変更やカメラ設定も行える。絞りや露出など本格的なカメラのような設定が可能というから驚きだ。さらに、プレイヤー名や所持武器、キャラクターの輪郭、HUD(ヘッドアップディスプレイ)の表示非表示の切り替えも可能だという。

 リプレイシステムは、まもなくPC版とコンソール版向けに提供を開始するとのことだ。