GDC 2018がいよいよ開幕!『スプラトゥーン』シリーズや『モンスターハンター:ワールド』、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』など注目セッションがめじろ押し

2018年3月19日~3月23日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコ モスコーニセンターにてGDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2018が開催。注目セッションが多数。

 2018年3月19日~3月23日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコ モスコーニセンターにてGDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2018が開催される。

おなじみモスコーニセンターウエストホール。

 世界最大規模のゲームクリエイターのための世界最大規模の技術交流のカンファレンスとして知られるGDC。日本関連のセッションを見渡してみると、『スプラトゥーン』シリーズをモチーフにした、野上恒プロデューサーによる“‘Splatoon' and ‘Splatoon 2': How to Invent a Stylish Franchise with Global Appeal”や、『ARMS』を題材にした 矢吹光佑プロデューサーの“‘ARMS': Building ‘Mario Kart 8' Insights into a Showcase Nintendo Switch Fighterといった任天堂のセッションから、カプコンの徳田優也ディレクターらが登壇しての、『モンスターハンター:ワールド』の開発話を紹介する“‘Monster Hunter: World' Postmortem: Concept Design through Prototyping and Iteration”、ヨコオタロウ氏と田浦貴久氏が『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』を語る“A Fun Time in Which Some No-Good Game Developers May or May Not Discuss How We Made ‘NieR:Automata'など、注目セッションがめじろ押しとなっている。さらには安原広和氏と大島直人氏による、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のポストモーテム“Classic Game Postmortem: ‘Sonic the Hedgehog'”など、往年のゲームファンにはたまらないセッションも。

 また、近年のesports熱の高まりを受けて、“Esports Day”も実施されることになっている。

前日にも関わらずレジストレーションのために多くの関係者が集まる。

 さらに、開催3日目の3月21日には、GDC恒例となる“20th Annual Independent Games Festival Awards”と“18th Annual Game Developers Choice Awards”が開催される。開発者が選ぶ賞として注目度が高い両賞だが、2017年のもっともすぐれたタイトルを決める“Game of the Year”には、『PlayerUnknown's Battlegrounds』、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、『Horizon Zero Dawn』、『スーパーマリオ オデッセイ』 の5タイトルがノミネートされている。果たして大賞を受賞するのはどのタイトルになるのか……注目を集めるところだ。

世界のゲーム開発者によるゲーム賞、GDCアワードの本年度ファイナリスト作品が発表。『ゼルダの伝説 BotW』がGOTY含む6部門でノミネート

GDCアワードの本年度ファイナリスト作品が発表。日本のスタジオによる作品としては、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、『ニーア オートマタ』、『スーパーマリオ オデッセイ』、『ペルソナ5』、『バイオハザード7 レジデント イービル』が最終候補に残っている。

昨年改修に入ったサウスホールはさらに普請中。いささかえらいことになっていた。ノースホールと道を挟んで回廊がつながるようだが……。

サンフランシスコの街もGDCの装い。

 ファミ通.comでは、GDC 2018の模様をつぶさにお届けする予定なので、お楽しみに。