ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、Web番組“コレやろ!”第7回の映像を公開した。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、家族や友人たちといっしょにワイワイ楽しめるプレイステーション4と、さまざまなソフトウェアの魅力を紹介するWEB番組“コレやろ!”の第7回を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

ワイワイ系ゲーム実況バラエティ番組「コレやろ!」PlayStation公式YouTubeチャンネルにて第7回映像公開! パンクブーブー:佐藤哲夫さんとPlayStation VRでワイワイプレイ!

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)は、家族や友人たちと一緒にワイワイ楽しめるPlayStation4(PS4)と、様々なソフトウェアの魅力をお届けするWEB番組「コレやろ!」第7回の映像を公開したことを、日本国内に向けてお知らせいたします。

 ワイワイ系ゲーム実況バラエティ「コレやろ!」は、ゲーム大好きな赤石先生と、超能力ぬいぐるみ鳥夫(とりお)が毎回さまざまなゲストをお招きし、とにかくみんなでゲームを楽しむWEB番組です。

 本日公開した第7回のゲストは第6回に引き続き、パンクブーブーの佐藤哲夫さん! 今回プレイするのは、PlayStation VRならではの体験を楽しめるリアル体感型シューティング『Farpoint』、新感覚の家庭用プラネタリウム『ホームスターVR for PlayStation VR』、人気アクションアドベンチャーゲーム『人喰いの大鷲トリコ』の世界を楽しめる『人喰いの大鷲トリコVR Demo』の3タイトル!

 『Fapoint』では直感的な操作でゲームをプレイできる「PlayStation VR シューティングコントローラー」を使い、赤石先生と佐藤さんがスコア対決! クモ型のエネミーを相手にした白熱のバトルと敗者への罰ゲームで大盛り上がり!

 『ホームスターVR for PlayStation VR』では佐藤さんの誕生日、1976年4月3日の星空を観測したり、ニュージーランドの有名な星空スポット「テカポ湖」の満天の星空と壮大なオーロラにうっとり。

 最後の『人喰いの大鷲トリコVR Demo』は、『人喰いの大鷲トリコ』大ファンの赤石先生がプレイ。羽の一本一本までも揺れ動く大鷲トリコは、まるで目の前にいるかのよう。その大きさに驚きながらたっぷり触れ合いつつ、断崖絶壁の中を進むスリリングな場面も…!

 PlayStation VRを仲間と一緒にワイワイ楽しむ様子をぜひご覧ください!

 ワイワイ系ゲーム実況バラエティ「コレやろ!」は2018年3月上旬に次回映像を公開予定ですので、ぜひご期待ください。

<これまでの「コレやろ!」映像>

※「PlayStation4」オフィシャルサイト
※家族や仲間とみんなで楽しめるコンテンツ紹介ページ

番組出演者情報

赤石先生
 ゲームをこよなく愛する、ゲーム実況者。PlayStation公式チャンネル「マイクラ部」部長。いつでもみんなでゲームできるよう、たくさんのコントローラーを隠し持っている。

鳥夫(とりお)
 赤石先生の部屋にいる鳥のぬいぐるみ。ゲームを愛し、ゲームの楽しさを知りつくした神から授かったという特殊能力で、赤石先生に「みんなで遊ぶゲームの楽しさ」を教えるべく奮闘する。

佐藤哲夫(パンクブーブー)
「オートバックスM-1 グランプリ2009」(第9回)優勝
「THE MANZAI2011」(第1回)優勝
ガンプラビルダーズワールドカップ2014年・2015年日本大会ファイナリスト、2016日本大会準優勝

※1 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして日本およびアジア各国・地域のセールス&マーケティングを担当。