『とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』セガ公式大会開催決定、ティザーサイトを公開

セガゲームスは、発売中のプレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』について、セガ公式大会の開催決定を発表した。

 セガゲームスは、発売中のプレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』について、セガ公式大会“VOOSTERS CUP 1803”の開催を発表した。また、これに合わせて大会のティザーサイトがオープン。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

セガ公式大会「VOOSTERS CUP 1803」開催決定!ティザーサイトを公開!

 株式会社セガゲームスは、対戦型バトルアクションゲーム『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機(以下、とある魔術の電脳戦機)』について、セガ公式のオンラインゲーム大会「VOOSTERS CUP 1803」の開催を決定しました。開催決定にあわせて大会のティザーサイトをオープンしております。大会の実施日や、ルールなどの開催要項は、今後ティザーサイト上で公開してまいりますので、続報にご期待ください!

「VOOSTERS CUP 1803」公式ティザーサイト

ゲーム「電脳戦機バーチャロン」とは

 「電脳戦機バーチャロン」は、セガが1995年にリリースした、世界初の対戦型3Dロボット・バトルアクションゲームです。ダイレクトな操作感とハイ・クオリティのゲーム性、そしてカトキハジメ氏の手によるスタイリッシュなバーチャロイドの存在感が噛みあい、大きな支持を得ました。アーケードを中心にシリーズ初代『電脳戦機バーチャロン』(1995年)、『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム』(1998年)、『電脳戦機バーチャロン フォース』(2001年)、と三部作を展開。2003年にはPlayStation2向けに『電脳戦機バーチャロン マーズ』をリリース。また、多数の商品化やコラボレーションなど多彩な展開を行ない、今にいたるまで根強く支持されるシリーズです。

小説「とある魔術の禁書目録」シリーズとは

 「とある魔術の禁書目録」は鎌池 和馬氏が電撃文庫で展開する大ヒットシリーズで、本伝41巻(2018年1月現在)の他にも、短編集、外伝、コラボレーション作品を含め、多くの文庫・単行本が発刊されています。さらに、コミカライズ、TVアニメーション、TVゲーム、劇場映画、等、数々のメディアミックスを展開する、学園異能バトルの金字塔と言われる作品です。

<ストーリー>
 “超能力”をカリキュラムとする学園都市に“魔術”を司る1人の少女が空から降ってきた。『インデックス(禁書目録)』と名乗る彼女の正体とは……!? あらゆる異能を打ち消す『幻想殺し(イマジンブレイカー)』を右手に持つ少年・上条 当麻は、悲劇の運命にとらわれた少女を救うた
めに戦う――!



(C)SEGA CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME
(C)2017 鎌池和馬
キャラクターデザイン・原作イラスト/はいむらきよたか
Licensed by KADOKAWA CORPORATION ASCII MEDIA WORKS