Matt Makes Gamesが本日配信を開始するプラットフォームアクションゲーム『Celeste』を紹介。

 Matt Makes Gamesの『Celeste』を紹介する。本作は本日より、日本語入りのPC/Mac版がSteamとitch.ioで配信開始。なお海外ではPS4/Xbox One/Nintendo Switchでも配信が行われる(Xbox Oneのみ27日配信。また国内でのコンソール版配信は不明)。

 『Celeste』は、不思議な山“セレステマウンテン”を登っていく少女Madeline(マドレーヌ)の冒険を描いたアクションゲーム。移動・ジャンプ・エアーダッシュ・壁などへの掴まりといった限定されたアクションとマップギミックを利用して、罠だらけのマップを攻略していくのだ。

基本は左右移動とジャンプとエアーダッシュと壁掴まりを駆使して、その画面の中にあるゴールを目指す。ここでは緑のアイテムを取れば再度エアーダッシュが可能になるので、それを利用して中央下から右に抜けていく感じ。

 実は本作は、メインクリエイターのMatt Thorson氏とNoel Berry氏が、8ビット風のドット絵ゲームを手軽に作成できる一種のゲームエンジン兼プラットフォーム“Pico-8”用で開発してみたものがオリジナル。

 技術的制約に適応するために、攻撃などの要素がないシンプル操作と、各面を基本的に1画面に収めて、とにかくスタートからゴールにたどり着けばいいというミニマルな設計を採用したのが、基本的にこの製品版でも継承されている(ただし製品版にはスクロールするステージもある)。なおオリジナル版は現在でもWebで無料公開されているので、気になった人はそちらも触れてみて欲しい。

オリジナル版は今でもWebでプレイ可能(ただしキーボード操作が結構キツい)。

 オリジナル版からの製品化にあたっては、まずグラフィックがドット絵+現代的なライティングとエフェクトという今風の組み合わせになっているほか、ボリュームも大幅にアップ。

 ステージは合計600スクリーン分以上になり、ステージの合間の物語要素なども登場。さらに3Dのワールドマップ画面や、タイムアタック機能、リーダーボード(ランキング)機能なども追加されていて、コンセプトを発展させた完全な別物といったところだ。

怪しい婆さんに煽られてキレ気味のマドレーヌちゃん。

 カジュアルに戦える対戦プラットフォームアクション『Towerfall』を開発したスタジオの新作ということもあって、とっつきやすさは抜群。難解なことはないのだが、わかっちゃいるのに罠にひっかかってリトライをくり返す、という内容になっている。

 攻撃アクションなどがない分、マップごとのギミックで変化をつける形になっていて、敵(もちろん触れられただけで即死)に追われながらの攻略になったり、触れた所が即死罠に変化するようになっていたり、新たなエリアに進むごとに「ほう、そう来ましたか」となるのが面白い。

鏡から出てきた怪しい“悪マドレーヌ”ちゃんに追われるステージも。

 もちろん腕に自信がある人のために、ゴールとは別の場所にある“ストロベリー”を道中で何個集められるかという追加目標や、やり込みたい人のための“裏ステージ”も存在。動画などを見て「こんぐらい大したことねーじゃん!」と豪語する人はそちらにトライしてみてはいかがだろう。

ストロベリーはそこに行かないと見えない裏部屋に隠されていることも。

 また本作、サウンド面も評価が高く、Lena Raine氏らによるBGMは合計2時間以上収録というなかなかのボリューム。世界的インディーゲーム賞IGFでも、本年度ノミネート作の中で“Excellence in Audio”(音響賞)のファイナリストとして残っている。ちなみにサントラは同氏のBandacampで購入可能だ。