『ドラゴンボール ファイターズ』原作再現の特殊演出を紹介、ビルスやヒットら『超』キャラの情報も

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4、Xbox One用ソフト『ドラゴンボール ファイターズ』について、最新情報を公開した。

 バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4、Xbox One用ソフト『ドラゴンボール ファイターズ』について、最新情報を公開した。

 名シーンの再現が可能な“ドラマチック演出”や、特定の条件を満たすことで対戦が有利になる“神龍システム”を発表。また、アニメ『ドラゴンボール超』から参戦する3キャラクターについても紹介している。

“ドラマチック演出”でドラゴンボールの名シーンがよみがえる!

 チームの組み合わせ、ステージ選択など、アニメのシーンに因んだ特定の条件を満たすことで、バトル開始時や終了時に名シーンを再現する“ドラマチック演出”が発動する。

コンボを繋いで神龍を召喚

 特定のコンボを繰り出すことで、バトル画面下にドラゴンボールが溜まっていく。最後の1つを手に入れたプレイヤーは、神龍に願いを叶えてもらえる。

“神龍システム”で叶えられる4つの願い

「体力を全回復させてくれ」:操作中のキャラクターの体力を全回復させる
「仲間を生き返らせてくれ」 :KOされた仲間を体力が少ない状態で復活させる
「究極のパワーを与えてくれ」:Sparking!アイコンが1つ追加される
「不老不死にしてくれ」:試合中、体力ゲージの青い部分が自動で回復するようになる

キャラクター紹介:ビルス

 放送中のTVアニメ『ドラゴンボール超』のキャラクター。悟空達が暮らす“第7宇宙”で破壊を司る破壊神。

キャラクター性能
パワー:S
スピード:S
リーチ:A
テクニック:SS
エネルギー:SS
扱いやすさ:S

必殺技(気力ゲージ消費なしの必殺技):破壊球

 小さな気の球を複数生成する技。破壊球はその場に留まり、相手か地面に触れると爆発する。

 設置した破壊球は、攻撃を当てて好きな方向に飛ばすことができる。上手く配置して敵を自由に動けなくしてしまおう。

超必殺技(気力ゲージ1消費の必殺技) :ビルス玉

 巨大な気の玉を生成して、相手に向かって投げつける攻撃。多段ヒットしてダメージを与える。放ったビルス玉は、追加入力で爆破させることも可能だ。

メテオ超必殺技(気力3ゲージ消費の強力な必殺技) :破壊神の裁き

 相手を掴むことで発動し、強烈なデコピンで相手を弾き飛ばす。対戦相手がゴクウブラックの場合、この技でとどめを刺すと演出が変化する。

キャラクター紹介:ヒット

 放送中のTVアニメ『ドラゴンボール超』のキャラクター。悟空達の宇宙と対をなす“第6宇宙”の殺し屋。

キャラクター性能
パワー:S
スピード:SS
リーチ:A
テクニック:S
エネルギー:C
扱いやすさ:A

必殺技(気力ゲージ消費なし):急所の見極め

※一部派生技は1ゲージ消費

 ポケットに手を入れて構えのポーズをとり、各種ボタンの追加入力で3種類の技が繰り出せる。相手との距離や、狙うコンボに応じて使い分けよう。

必然の一撃……少し前方にワープしてパンチを繰り出す。技の発生が早い。

予備動作無しの一撃……離れた位置までワープして、相手を吹き飛ばすパンチを繰り出す。

防御無視の一撃……離れた位置までワープして、強力な蹴りを繰り出す。※気力ゲージ1ゲージ消費

超必殺技(気力ゲージ1消費の必殺技):殺しの一撃

 アニメでは、孫悟空を暗殺する際に使用した技。構えた状態から、前方に強力な衝撃波を発生させる。

 衝撃波は画面端まで届くので、離れた相手にもヒットして大ダメージを与える。

メテオ超必殺技(気力3ゲージ消費の強力な必殺技):俺は成長を続けている

 突進攻撃がヒットすることで発動。“時飛ばし”を使用し、硬直している相手を四方八方から攻撃する。

キャラクター紹介:ゴクウブラック

 放送中のTVアニメ『ドラゴンボール超』のキャラクター。未来の界王神“ザマス”が悟空の身体を手に入れた姿。

キャラクター性能
パワー:A
スピード:S
リーチ:S
テクニック:A
エネルギー:S
扱いやすさ:S

必殺技(気力ゲージ消費なしの必殺技):神縛ブラックかめはめ波

 発動と同時にアシストキャラクターの“ザマス”が背後から敵を拘束。その隙に、通常より溜めの長い強力なかめはめ波を放つ。

超必殺技(気力1ゲージ消費の強力な必殺技):神裂光弾

 ザマスと協力し、巨大なエネルギーボールを相手に放つ。攻撃範囲が広く、離れた相手にもヒットしやすい。

メテオ超必殺技(気力3ゲージ消費の強力な必殺技):神の御業

 斬撃を飛ばし、相手にヒットすると発動。分身と共に多方面から攻撃を加え、最後には本体の鎌が敵を一閃する。



(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.