Dangen Entertainmentは、アクションアドベンチャーゲーム『アイコノクラスツ』を、2018年1月23日に日本国内にてリリースすることを明らかにした。対応プラットフォームはプレイステーション4、プレイステーション Vita、Steam、Mac、Linuxで、価格は2160円[税込]となる。

7年の歳月を掛けて制作されたアクションアドベンチャー

 Dangen Entertainmentは、アクションアドベンチャーゲーム『アイコノクラスツ』を、2018年1月23日に日本国内にてリリースすることを明らかにした。対応プラットフォームはプレイステーション4、プレイステーション Vita、Steam、Mac、Linuxで、価格は2160円[税込]となる。

 本作は、『Noitu Love2』などで知られるクリエイター、ホワキム・サンドバーグ氏が、7年もの開発期間を掛けて取り組んできた意欲作。ヒロインは、無免許の修理工、ロビン。彼女は、滅びゆく惑星の秘密を解き明かす旅の途上で、レンチを片手に幾多の場所を駆け巡り、20を超えるボスたちに戦いを挑んでいくことになる。『アイコノクラスツ』の特徴をまとめると以下の通り。

・ボリューム満点のボルト回し+プラットホームアクションアドベンチャー
・チューニングアップされたアクションとパズル要素で構成される、精緻に作られた10のロケーション
・迫力満点で画面いっぱいに広がる、20を超える強力なボスとのバトル
・ユニークなシステムと3つの難易度

 ホワキム・サンドバーグ氏のコメントも到着しているので、以下にご紹介しよう。

 「ここまで来るのに本当に長い時間がかかりました。2011年にそれ以上の開発を断念し一度リリースをしたものの、その当時のファンの皆様からの反響が励ましとなり、再び開発を始めたことを思い出します。カラフルな色使い、個性的なキャラクターやたくさんのバトルなど、私個人がレトロゲームの好きなポイントをふんだんに取り入れたゲームとなっています。皆様の期待に応えられることを祈っています!」(『アイコノクラスツ』開発 ヨアキム・サンドバーグ氏)