2017年12月10日、カプコンのプレイステーション4用ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド ベータテスト版』の2回目が行われた。ライターがプレイした模様をお届けする。なんと、あの新モンスターに遭遇!?

 2017年12月23日2:00~27日1:59の期間(予定)で行われている、『モンスターハンター:ワールド』第2回ベータテスト。今回はPS Plusに加入していなくても、PlayStation Networkへの環境があるだけで参加できる。この機会に『モンスターハンター:ワールド』の世界を堪能しよう! 基本的にプレイ内容は第1回と同じだが、今回にはプケプケ、そしてクルルヤックという新モンスターが出現しやすいとの噂も!? というわけで、さっそくプレイしてきました!
(Text by ゴジラ太田)

【関連記事(更新あり)】

クエスト“荒地の暴走者 ボルボロス”でクルルヤックに遭遇!

 大蟻塚の荒地を探索していると、見慣れない痕跡が。痕跡のあとを追っていくと……いました! クルルヤック! さっそく狩猟開始! と思ったら、すぐ近くでボルボロスとジュラトドスが縄張り争いを開始。こえぇ! いつこっちにくるかわからないから手を出せないよ! と思ったら、クルルヤックもボルボロスたちのほうへ。ハンター、完全に蚊帳の外状態です(笑)。

 気を取り直して、クルルヤックと対峙したところ、クチバシによる連続ついばみや、前脚による振り下ろし攻撃、さらには飛びかかり攻撃など、正面に対して直線的な攻撃が多いモンスターだった。側面から頭部を攻撃していれば比較的簡単……と思っていたら、クルルヤックが前脚で岩を拾い上げて大事そうに抱える状況に。この状態になると、クルルヤックへの上半身の攻撃が岩に当たってしまい弾かれまくり! その隙に反撃を食らってしまった。岩はしばらくすると投げつけてくるので、それまでは下半身や尻尾の攻撃に切り換えたほうが安全な気がしました。

クエスト“古代樹の森の暴れん坊”でプケプケを発見!

 古代樹の森では、新モンスターのプケプケを発見! ジャンプ攻撃とツタ罠を利用して華麗な先制攻撃を決める。俺カッケー! ……プケプケはカメレオンのような姿をしており、毒液を吐きまくってくるモンスター。解毒薬は必須なので、挑む場合はげどく草などを集めて解毒薬を多めに作っておけば安心だ。

 ほかには、その場で2回ジャンプして踏みつけてきたり、巨大な舌を使っての攻撃を確認。踏みつけはたいしたダメージではないが、舌の攻撃は大ダメージを受けるのでプケプケの前方には長時間いないほうが得策。

 尻尾は切断できたので、まずは尻尾を攻撃してから、頭部を狙っていくとよさそうでした。

 プケプケが瀕死になって巣へと逃げたので追いかけたところ、高台の狭い場所。ここで狩猟しようとしたら、毒を吐きまくられたため、あたり一面が毒まみれに……。毒状態になるわ視界が遮られるわで、たまらず段差から飛び降りて逃げました(笑)。

 プケプケも下に降りてくれたので、そこで無事に討伐成功。やはり毒による攻撃が厄介なので、狭い場所での立ち回りは少々危険かもしれませんね。なるべく広い場所に誘導して狩猟するのがよさそうでした。ちなみにベータテストでは、モンスターの強さは控えめにしているとのことなので「意外と余裕じゃね?」と油断していると、製品版で返り討ちに遭うかも? 製品版では装備をしっかり整えて挑みたい。