『スーパーマリオ オデッセイ』国内累計販売本数100万本を突破、Nintendo Switch本体は累計300万台到達目前

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、任天堂が2017年10月27日に発売したNintendo Switch用ソフト『スーパーマリオ オデッセイ』の国内推定累計販売本数を発表した。

 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、任天堂が2017年10月27日に発売したNintendo Switch用ソフト『スーパーマリオ オデッセイ』の国内推定累計販売本数を発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、任天堂が2017年10月27日に発売したNintendo Switch(以下、ニンテンドースイッチ)向けソフト「スーパーマリオ オデッセイ」の国内推定累計販売本数を速報としてまとめました。

「スーパーマリオ オデッセイ」 売上速報

(集計期間:2017年10月27日~2017年12月17日/販売週数:8週)

国内推定累計販売本数: 1,055,806本

※ダウンロードカード、Nintendo Switch スーパーマリオ オデッセイセットを含む
(ダウンロード版の本数は含みません)

【ご参考】
ニンテンドースイッチ 国内推定累計販売台数: 2,988,399台
(集計期間:2017年3月3日~2017年12月17日)

今回の速報について
 今年10月27日に発売された、ニンテンドースイッチ向けソフト「スーパーマリオ オデッセイ」(発売:任天堂)は、発売から8週目で国内累計100万本を突破しました。

 また、ニンテンドースイッチ本体は、前週(2017年12月11日~2017年12月17日)に23.0万台を販売。国内累計販売台数が298.8万台となり、今週には300万台到達が確実と言えます。これまで品薄が続いていたニンテンドースイッチですが、任天堂より出荷量増加について発表があったことからも、今後さらなる販売台数の伸びが期待されます。

◆「ファミ通」について
ファミ通グループでは、ゲーム総合情報誌「週刊ファミ通」をはじめとするファミ通各誌、「ファミ通.com」や「ファミ通App」といったゲーム情報サイトなど、様々なサービスを展開しています。また、電子出版事業にも積極的に取り組み、「週刊ファミ通」電子版や、ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。さらに、全国約3,600店舗のファミ通協力店からゲームの売上データを集計、毎年「ファミ通ゲーム白書」を発刊。12月12日には、モバイルゲームに特化した「ファミ通モバイルゲーム白書2018」を発売しました。