カプコンは、『ストリートファイター』シリーズ30周年を記念して、『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』を2018年春に発売することを発表した。対応機種はプレイステーション4、Xbox One、Nintendo Switch、PC。

 カプコンは、『ストリートファイター』シリーズ30周年を記念して、『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』を2018年春に発売することを発表した。対応機種はプレイステーション4、Xbox One、Nintendo Switch、PC。

「ストリートファイター」シリーズ30周年記念作品『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクションインターナショナル』発売決定!

 1987年に初めて登場した「ストリートファイター」シリーズ。累計販売は4,000万本以上にもおよび、対戦格闘ゲームの金字塔として今なお、その分野において最前線で活躍し続けています。さらには、ゲームの垣根を超えて様々なメディアや作品でも取り扱われ、世界中のファンから愛されるブランドにまで成長しました。
 シリーズは今年で30周年。これを記念して、『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクションインターナショナル』の発売が決定!30周年にふさわしい魅力が詰め込まれた本作をご紹介します。また、最新トレーラーも公開中!

初作品『ストリートファイター』から、「ストIII」シリーズまでの全12タイトル収録!

 本作は、海外のアーケード版を起用した「ストII」、「ストIII」、「ストALPHA」シリーズ、さらにシリーズ初作品の『ストリートファイター』も含めた計12作品を収録!30周年にふさわしい圧倒的なボリュームをプレイできる。
※各タイトル内は海外版のためタイトルやボイス、テキストが英語表記となります。

4タイトルがネットワーク対戦に対応!
 全12タイトルのうち4タイトルがネットワーク対戦に対応!同じブランドでありながら、個性的なゲームシステムやバランス、デザインが導入された各タイトルで、世界中のプレイヤーとのバトルが可能だ。

ネットワーク対戦対応タイトル
ストリートファイターII ターボ』、『スーパーストリートファイターII ターボ』、『ストリートファイター ALPHA3』、『ストリートファイターIII サードストライク』の4作

世界観を堪能できる「ミュージアムモード」搭載
 シリーズの世界観を堪能できる「ミュージアムモード」を搭載。これまでに公開された膨大なイラストを閲覧できるぞ。その他にもキャラクター情報や音楽などの豊富なコンテンツを用意。まだ未公開のコンテンツも!?続報に期待しよう。

収録作品

『ストリートファイター』(1987年)
本シリーズの記念すべき第1作目。当時では主人公リュウを操作して、各国のファイター達と戦うシンプルなゲームだった。しかし、その後に引き継がれる必殺技などが登場。
『ストリートファイターII』(1991年)
対戦格闘ゲームの火付け役となり、社会現象になるほどのブームを巻き起こした。操作可能なキャラクターも一気に個性的な8人に増え、より対戦が熱くなる場へと姿を変えた。
『ストリートファイターII’』(1992年)
「シャドルー四天王」のボスキャラクターが使用できるようになったことで当時世間を沸かせた本作。その他にも、同じ
キャラクター同士での対戦ができるようになった。
『ストリートファイターII’ ハイパーファイティング』(1992年)
全体のスピードアップが図られ、一部のキャラクターには新しい必殺技が追加。これにより、新たな攻防が生み出され、対戦の奥深い駆け引きが可能となった。
『スーパーストリートフイターII』(1993年)
新システムが追加。さらに、グラフィックも一新。キャラクターとステージが新たに4つ追加、さらにキャラクターカラーも8色まで増えた。バトルも見た目も大幅に進化した。
『スーパーストリートファイターII ターボ』(1994年)
今もなおプレイされる「ストII」シリーズの最高傑作とも呼ばれる本作。スーパーコンボや空中コンボ、そして新キャラクター「豪鬼」が初登場した。
『ストリートファイター ALPHA』(1995年)
「ストI」と「ストII」の間のストーリーが舞台となる新たなシリーズ1作目。アニメのようなテイストにグラフィックが刷新された他、ゼロカウンターや空中ガードのモードが搭載された。
『ストリートファイター ALPHA2』(1996年)
新キャラクターが追加され、自分だけのオリジナルコンボを開発できる全く新しいバトルシステムを実装。多くの家庭用ゲーム機にも移植された人気作だ。
『ストリートファイター ALPHA3』(1998年)
コーディーをはじめ新キャラ追加。従来の「ALPHA」シリーズを踏襲しつつ、新システム「IZMシステム」を導入。同キャラクターでも全く異なる性能の変化を楽しめるようになった。
『ストリートファイターIII』(1997年)
新たなナンバリングタイトル。キャラは一新され、主人公もアレックスとして新世代に突入。ドットとは思えない滑らかなアニメーションと攻撃を捌くブロッキングシステムが特徴だ。
『ストリートファイターIII セカンドインパクト』(1997年)
ゲームバランスの調整を行い、新要素を追加した本作。また、4人のキャラクターも参戦。その中でも「ヒューゴー」はまさにインパクト大の大型キャラクターだ。
『ストリートファイターIII サードストライク』(1999年)
「ストIII」シリーズの最終作。全体のバランス調整の他、シリーズの代表キャラ「春麗」が参戦。今でも大会が開催されるなど、長年にわたり愛されている作品だ。