スパイク・チュンソフトは、プレイステーション4、Steam用ソフト『FIRE PROWRESTLING WORLD』の公式サイトで、対談企画“松本Dの酒だ!トークだ!ファイプロだ!!”の第2弾を公開した。

 スパイク・チュンソフトは、プレイステーション4、Steam用ソフト『FIRE PROWRESTLING WORLD』の公式サイトで、対談企画“松本Dの酒だ!トークだ!ファイプロだ!!”の第2弾を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

PlayStation4/PC 『FIRE PRO WRESTLING WORLD』(ファイヤープロレスリング ワールド) 「松本Dの酒だ!トークだ!ファイプロだ!!」 松本Dの対談企画第二弾、公式サイトで公開

 株式会社スパイク・チュンソフト(本社:東京都港区、代表取締役会長:中村 光一、代表取締役社長:櫻井 光俊)は、現在鋭意開発中のPlayStation4/PC対応ゲーム『FIRE PRO WRESTLING WORLD』(以下、『ファイプロW』)について、本作のディレクター(総監督)を務める松本朋幸と、「ファイプロ」好きなゲストとの対談企画「松本Dの酒だ!トークだ!ファイプロだ!!」第二弾を、本日2017年12月8日(金)より公式サイト上に公開いたしました。

 長期休養明けとなる第2試合は、ゲーム業界からメーカーの垣根を越えて「ファイプロ」好きが登場! 株式会社スクウェア・エニックスの時田貴司氏と、株式会社カプコンの野中大三氏が参戦し、松本を交えて、「ファイプロ」の思い出からプロレス愛まで、三者のこだわりをとことん語り尽くします。

時田貴司(ときた たかし)
スクウェア・エニックス 第8ディビジョン シニア・マネージャー/プロデューサー
1985年にスクウェア(当時。現スクウェア・エニックス)に入社。『ファイナルファンタジー』シリーズや『ライブ・ア・ライブ』、『半熟英雄』シリーズなどさまざまな人気タイトルを手掛ける。
<最新作>
半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』(iOS/Android)→こちら
ファイナルファンタジーレジェンズII 時空ノ水晶』(iOS/Android) →こちら

野中大三(のなか だいぞう)
カプコン 第四開発部 プロデューサー
2011年にカプコンに入社。『戦国BASARA 真田幸村伝』や『ガイストクラッシャー』シリーズなどをプロデュースする。プロデューサーを務めた『めがみめぐり』では、ゲーム業界初の交通系ICカードとゲームの連動を実現させた。
『めがみめぐり』(ニンテンドー3DS) →こちら
<最新作>
ロックマン クラシックス コレクション2』(PS4/Xbox One/PC) →こちら

松本朋幸(まつもと ともゆき)
総合ディレクター(総監督)
「ファイプロ」を作りたくてゲーム業界に飛び込み、「ファイプロG」でシナリオ、企画を担当。その後、ワンダースワン版や、他のプロレスゲーム開発に携わる。自身の看板タイトルである「喧嘩番長」では、「ファイプロ」愛をいかんなく発揮。