任天堂は、発売中のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、2017年11月24日10:00より順次配信されるアップデート情報の第2弾を公開した。

 任天堂は、発売中のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、2017年11月24日10:00より順次配信されるアップデート情報の第2弾を公開した。

ランク

 11月24日のアップデートで、ランクの上限が50から99に。さらに、ランク99でジャッジ君に話しかけると、“ランク★1”になり、引き続きランクを上げ続けることができるようになる。★99になっても、また★1に戻すことが可能で、何回戻したかのかはスマートフォン用アプリ“Nintendo Switch Online”の“イカリング2”で確認できる。

バトル終了後、ロビーに戻らずにブキやギアの変更が可能に

 レギュラーマッチ、ガチマッチ、フェスマッチ(ソロ)で、バトルを終えた後の選択肢に“カスタマイズしてつづける”が追加。ロビーに戻らずに、ブキやギアを変更してつぎのバトルに臨めるようになり、レギュラーマッチの場合は、同じ対戦相手とのバトルを継続できる。なお、同機能は11月24日のアップデートで追加される。

新ステージ“ハコフグ倉庫”

 前作でも熱いバトルがくり広げられた“ハコフグ倉庫”が『スプラトゥーン2』に登場。ハコフグ倉庫は12月中旬に追加予定となっている。

ファミ通イカファッションコンテスト2017”の大賞を受賞したグラフィティとギアが登場

 ファミ通と『スプラトゥーン2』のコラボ企画として、週刊ファミ通、ファミ通.comにて開催した『スプラトゥーン2』の“ファミ通イカファッションコンテスト2017”。同企画のグラフィティ部門とギア部門の大賞を受賞した作品がゲーム内に登場。

 グラフィティ部門のKAZOOさんの作品“のしいかグラフィティ”は、ハコフグ倉庫に描かれている。ギア部門のPuroronさんの“ギリースーツスタイル”は、11月24日のアップデート後より、お店に並ぶようになるとのこと。

サーモンランの新ステージ“トキシラズいぶし工房”

 仲間のイカたちとシャケをシバいてイクラを集める“サーモンラン”に新ステージ“トキシラズいぶし工房”が追加。ふたつの足場を繋ぐ中央のリフトが特徴で、特に満潮時は仲間との連携が重要になるステージとのこと。トキシラズいぶし工房は、11月24日の17:00のシフトから登場する。

新ルール“ガチアサリ”の詳細が判明

 4つめのガチルールとして12月中旬に追加予定の新ルール“ガチアサリ”。

 バトルは、ステージ上に散らばる“アサリ”を拾い集めることからスタート。拾ったアサリは、自分の後ろに連なってついてきて、10個集めると“ガチアサリ”に変化する。このガチアサリを作ることが最初の目的となり、ガチアサリが完成したら相手の陣地のゴールの近くまで運ぼう。

 ゴールを保護している“アサリバリア”を、先ほど作った“ガチアサリ”を投げつけて(AボタンまたはLボタン)バリアを破壊すれば、チャンスタイムに突入! アサリやガチアサリをどんどん投げ入れ、カウントを進めよう。カウントを進めることでチャンスタイムが延長する。

 なお、相手に倒されると、連れていたアサリやガチアサリを落としてしまう。仲間が落としたアサリやガチアサリをすばやく拾ってカバーすることが勝利の鍵となる。また、自分の色のインクの上にあるアサリは見つけやすくなるため、ほかのルールと同様にステージを塗ってナワバリを広げておくことも重要となりそうだ。

新ステージ“デボン海洋博物館”

 創立120年の歴史ある国立博物館が舞台となる新たなバトルステージ“デボン海洋博物館”。ステージ内には、過去に生存していた巨大生物の化石のほか、貴重な資料が数多く展示されている。デボン海洋博物館は、2018年1月のアップデートで追加予定。

新しいボトムスが追加

 11月24日のアップデートでは、ヘアスタイルに加えてボトムスが、ガールとボーイそれぞれ2種類づつ追加される。ショートパンツやスキニーなレギンスなどが新たに登場し、オプション画面のカスタマイズから設定可能に。

amiiboの2ショット機能がパワーアップ

 『スプラトゥーン』シリーズのamiiboがあれば使える2ショット機能がパワーアップ。ハイカラスクエアだけでなく、対戦ステージでお気に入りのブキを持って撮影ができるように。また、モノクロ・セピア調などのフィルターや、イカしたポーズも多数追加されている。