ブラジル・サンパウロで2017年11月18日~19日にかけて開催中の『レインボーシックス シージ』シーズン3プロリーグファイナルにおいて、Year3が発表。追加オペレーターや新マップ、新モードが発表された。

 ブラジル・サンパウロで2017年11月18日~19日にかけて開催中の『レインボーシックス シージ』シーズン3プロリーグファイナルにおいて、Year3が発表。追加オペレーターや新マップ、新モードが発表された。

 Year3は前回同様に4シーズンに分かれ、各シーズンで2名のオペレーターが追加される。
 シーズン1のOperation Chimeraでは、フランスとロシアの特殊部隊が追加されるとのこと。そしてバイオハザード環境での新Co-opモード“Outbreak(アウトブレイク)”が実装される。

 シーズン2ではイタリアの特殊部隊、そしてイタリアをモデルとした新マップが追加。シーズン3ではアメリカとイギリスから1名ずつ登場し、MAP Reworkと題されたプロジェクトが行われる。詳細は明らかにされていないが、おそらく現在プレイができなくなっているマップの“ヨット”および“ファベーラ”が再登場するかもしれない。
 そしてシーズン4では、モロッコの特殊部隊が参戦。また、モロッコをモデルとした新マップが追加されることが発表された。

※画像は配信をキャプチャーしたものです。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

『レインボーシックス シージ』新たなCo-opモードや新オペレーターなどを追加!3年目のコンテンツ発表!

 ユービーアイソフト株式会社は、タクティカルシューター『レインボーシックス シージ』の3年目のコンテンツを発表いたします。

 現地時間の11月17日から19日にサンパウロで行われた『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ シーズン3ファイナルでENCEが優勝を飾ったあと、開発陣から『レインボーシックス シージ』のYEAR 3も続けてチャレンジや新たなコンテンツを提供していくと発表いたしました。

 Year 3には以下を含む4つのシーズンを用意する予定です。

・世界屈指のテロ対策ユニットから追加の8人の新たなオペレーター
・イタリアとモロッコを舞台とした2つの新たなマップ
・今あるマップ1つを新たなレベルデザインとアートディレクションで刷新

Year 3 シーズン1「オペレーション キメラ」

 2人のオペレーターは、バイオハザードに関する専門知識を持っており、彼らはPvPで使用出来るだけではなく、ゲーム初のCo-opイベントである「Outbreak(アウトブレイク)」でも登場します。

 「Outbreak」は4週間開催され、『レインボーシックス シージ』をお持ちの方は無料でプレイすることが可能です。このCo-opが開催されている間は限定のアイテムも用意されています。

 オペレーション キメラと「Outbreak(アウトブレイク)」に関する更なる情報は2018年にモントリオールで行われるThe Six Invitational 2018で明かされます。YEAR 3に関する更なる情報はまもなく発表される予定です。

Year 3 シーズン2

 シーズン2は今までの『レインボーシックス シージ』のシーズンに近いものとなります。2人のイタリアのGISのオペレーターとイタリアを舞台とした新たなマップが追加されます。

Year 3 シーズン3

 シーズン3のオペレーター2人はそれぞれ違うテロ対策ユニットから追加されます。1人はイギリスのスコットランドヤードから、もう1人はアメリカのデルタフォース出身です。それに加えて、今あるマップの1つがレベルデザインとアートディレクションの変更により新しくなります。このマップの本質はそのままに、ゲームプレイと戦法は大きく変わります。

Year 3 シーズン4

 シーズン4も今までと同じようなタイプのシーズンです。モロッコを舞台にGIGR出身の新たな2人のオペレーターと新たなマップが追加されます。

 Year3のオペレーターを優先でプレイできたり限定のコンテンツがはいったシーズンパス、Year 3パスは12月12日に発売を予定しております。

 それまでにプレイヤーは8人のオペレーター(Mira、Jackal、Ying、Lesion、Ela、Dokkaebi、Vigil、Zofia)や限定のカスタマイズアイテムなどが入ったYear 2シーズンパスの購入が可能ですので、まだの方はぜひご検討ください。