ユービーアイソフトは、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『ゴーストリコン ワイルドランズ』について、対戦モード“ゴーストウォー”の大型アップデートを定期配信すると発表した。

 ユービーアイソフトは、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『ゴーストリコン ワイルドランズ』について、対戦モード“ゴーストウォー”の大型アップデートを定期配信すると発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

『ゴーストリコン ワイルドランズ』対戦モード「ゴーストウォー」の無料大型アップデート実施決定! 新たなモード、クラス、マップが追加!

 ユービーアイソフト株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長スティーヴ・ミラー)は、オープンワールドミリタリーシューティングゲーム『ゴーストリコン ワイルドランズ』の対戦モード(PvP)「ゴーストウォー」に関する開発スケジュールを公開いたします。PvPモードに関しては、2018年も引き続きアップデートを行っていきます。

 スケジュールの最初として11月16日にアップデート「インターフェアランス」を行いました。このアップデートでは、新しいクラス、新しいマップ、そして新しいゲームモード「アップリンク」が追加されます。

 今後定期的に新しいクラスやマップ、モードの追加に加え、ゲームのバランス調整などを含むアップデートを行っていきます。すべての追加要素に関して、プレイヤーは無料で利用することができます。

アップデート「インターフェアランス」での追加要素

新モード「アップリンク」
 4vs4でマップの中心にあるアクセスポイントを制御するモード。より戦略的な多戦いが求められるモード。アップリンク専用のマップが4種類用意されます。

新クラス「ディスラプター」
 アサルトに追加された新しいクラス。ディスラプターを含む計14種類のクラスの中でもディスラプターはより戦術的なオプションをプレイヤーに提供できるでしょう。ジャミング装置を装備するディスラプターは、敵のHUDを妨害し、さらに、チームのマーカー、ミニマップ情報及び指令を混乱させることができます。

 このほかにもアップデート「インターフェアランス」では、キャンペーンモードとPvPモード「ゴーストウォー」の両方に新たなギアとゲームプレイに関するアップデートを行います。