『銀魂乱舞』銀さん待望の“必殺技”が各キャラクターに実装! オリジナルカットインを作成可能

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月18日発売予定の『銀魂乱舞』について、最新情報を公開した。

 バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月18日発売予定のプレイステーション4/プレイステーション Vita用ソフト『銀魂乱舞』について、最新情報を公開した。

銀さん待望の必殺技システム“覚醒乱舞”

 登場キャラクターに必殺技が無いことでおなじみの『銀魂』だが、本作では全プレイアブルキャラクターが“覚醒&覚醒乱舞”によって爽快な大技を決めることができる。

 敵を攻撃していると、“覚醒ゲージ”が上昇。ゲージが最大になると“覚醒”状態に移行でき、キャラクターの攻撃力が大幅に上昇する。

 さらに、覚醒中は“乱舞ゲージ”が出現。最大まで貯めると強力な必殺技“覚醒乱舞”が発動可能。

 加えて、覚醒中に条件を満たすことで、自分だけの“オリジナルフィニッシュカットイン”の覚醒乱舞を繰り出すこともできる。オリジナルフィニッシュカットインは、アニメ『銀魂』の名場面や名台詞を組み合わせて作成可能。

ストーリーモード -長篇追想乱舞- <吉原炎上篇>

 銀時たちは、少年・晴太から受けた依頼で花魁の日輪と出会うため“吉原桃源郷”を訪れる。しかし、吉原自警団の月詠から、吉原を支配する夜王“鳳仙”によって日輪が囚われていることを聞かされる。日輪を奪還し吉原を救うため、万事屋一行は鳳仙の屋敷へと向かうーー。

月詠
 吉原桃源郷を護る自警団“百花”の頭領。その強さから別名“死神太夫”と呼ばれている。回避と攻撃を両立した華麗なクナイさばきが特徴。

神威
 夜兎族であり、宇宙海賊団春雨の第七師団団長。神楽の兄であり、実の父“星海坊主”を殺そうとしている。強力な手足での近距離攻撃を持つ。スピードも速く、上級者向けのキャラクター。

神楽(夜兎覚醒)
 新八のピンチにより、神楽のもつ夜兎本来の凶暴性が現れた姿。空中攻撃が強力であり、怒涛の連続攻撃が特徴。

阿伏兎(ボスキャラクター)
 神威の部下であり、春雨第七師団副団長。日々暴れる神威に手を焼かされる苦労人。

夜王“鳳仙”(ボスキャラクター)
 吉原桃源郷の楼主。吉原を支配し、“夜王”として皆に恐れられている。凄まじいパワーを持つ近距離攻撃と、夜兎の傘を使った中距離攻撃を持つ強敵。

ストーリーモード -長篇追想乱舞- <かぶき町四天王篇>

 突如現れたヤクザ者・椿平子に弟子入りされた銀時。しかし、それは“かぶき町四天王”であるお登勢を陥れ、平子の父である次郎長に天下を取らせる為の罠だった。お登勢は皆を巻こまないよう一人でカタをつけに向かうが、銀時はいち早くそれに気づき、お登勢のもとへ急ぐのだった――。

西郷特盛(ボスキャラクター)
 かぶき町四天王の一人で、バー“かまっ娘倶楽部”のママ。“鬼神マドマーゼル西郷”と呼ばれている。かつては攘夷戦争で活躍した。高い防御力とハンマーの強攻撃が特徴。

泥水次郎長(ボスキャラクター)
 “溝鼠組”の組長であり、かぶき町四天王の一人。“大侠客”の異名を持つ剣の達人だが、既知の仲であるお登勢と対立する。遠距離から、“居合抜き”で一気に距離を詰める強敵。



(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.