PUBG Corp.(Bluehole)は、アーリーアクセス中のPC用バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ)』について、製品版までのアップデート予定を発表した。

 PUBG Corp.(Bluehole)は、アーリーアクセス中のPC用バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ)』について、製品版までのアップデート予定を発表した。

 今回の発表によると、今週中に配信予定(テストサーバーには10月16日に配信済みで、すべてが安定している場合は、後日ライブサーバーに配信予定)のパッチ以降、アーリーアクセス版でのパッチ配信は予定していないとのこと。現在は、PC製品版とXboxゲームプレビュー版のリリースに重点を置いていることが明らかとなっている。

 なお、外壁といったオブジェクトの乗り越えが可能になるクライミング機能や砂漠マップなどは、「ゲームに大きな影響を与える」とのことで、10月下旬もしくは11月上旬に、テストサーバーにて2〜4週間のテストを行うことが決定。期間中はテストサーバーにて、以下の機能を3段階に分けて運用する。

1st フェーズ:クライミング機能にフォーカス
2nd フェーズ:クライミング機能に加え、新コンテンツのテスト
3rd フェーズ:砂漠マップ、全新機能とコンテンツのテスト

 さらに、10月20日より開始される新シーズンに伴い、KR/JPサーバー(韓国/日本サーバー)が導入され、すべてのゲームモードがプレイできるようだ。

リーダーボードの更新とFPPサーバー
 リーダーボードシステムのアップデートに予想以上に時間がかかってしまったため、新しいシーズンの開始を10月20日に延期。さらに、KR / JPサーバを追加し、すべてのモードが遊べる。加えて、SA、SEA、OCEにSquad FPPモードモードを追加。 リーダーボードシステムのアップデート後、今週末にFPPスクワッドが追加される予定。

ゲームプレイ
北東側のアイテムレベル(バランス)の調整を実施。これにより、スタート時のアイテムスポーンレベルを減少。

バグの修正
・飛行機内での、火炎瓶による炎エフェクトを削除
・キャラクターがプライマリーウェポンとフライパンを同時に持てるバグを修正
・観戦モード時にUIがちらつくバグを修正