『STEEP ウインター ゲーム ゴールド エディション』発売決定! 平昌冬季五輪公式ライセンス製品に

ユービーアイソフトは、2017年12月7日に『STEEP ウインター ゲーム ゴールド エディション』を発売する。

 ユービーアイソフトは、2017年12月7日にプレイステーション4、Xbox One用ソフト『STEEP ウインター ゲーム ゴールド エディション』を発売する。価格はパッケージ版が7400円[税抜]、ダウンロード版が7200円[税抜]となる。本作は、『STEEP』に拡張パック『STEEP ロード トゥ ザ オリンピック』とシーズンパスがセットになったもの。『STEEP ロード トゥ ザ オリンピック』はダウンロードコンテンツとして単体でも発売。プレイステーション4版は12月7日に、Xbox One版は12月5日に配信される。価格は各3600円[税抜]だ。

 先日開催された“UBIDAY2017”では、初となる試遊出展された本作のショートインプレッションもあわせて掲載しよう。

[2017年10月14日午前1時]記載に一部誤りがあったため修正させていただきました。お詫びして訂正します。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

日本の山々と、平昌オリンピックを収録! 『スティープ ウインター ゲーム ゴールド エディション』発売決定!

 ユービーアイソフト株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長スティーヴ・ミラー)は、オープンワールドアクションスポーツゲーム『スティープ』本編に拡張パック『スティープ ロード トゥ ザ オリンピック』と『シーズンパス』がセットになった『スティープ ウインター ゲーム ゴールド エディション』の発売が決定したことを発表します。
 『スティープ』本編では広大なアルプスやアラスカの山々でスノーボード、ウィングスーツ、パラグライダー、スキーを自由に楽しむことができます。
 さらに新拡張パック『ロード トゥ ザ オリンピック』では、日本の山々で自由に練習やストーリーを楽しみ、そして韓国の平昌(ピョンチャン)オリンピックの12種類のスキー、スノーボードの競技に参加することができます。また、『ロード トゥ ザ オリンピック』では著名なオリンピックメダリストともタイアップしています。

 『スティープ ウインター ゲーム エディション』は2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックの公式ライセンス製品です。

 STEEP(スティープ)ウィンター ゲーム ゴールドエディションは、「スティープ」本編と拡張パック「ロード トゥ ザ オリンピック」、シーズンパスがセットになったゲームです。

オリンピックのスリルを体験しよう

・世界の頂点の戦いの地で、息をのむようなゲームを発見しよう。
スキーハーフパイプ、スノーボードハーフパイプ、ビッグエア、グランドスラム、ビッグエア、ジャイアントスローム、ダウンヒル、スーパーGなど、様々なフリースタイルやアルペンの競技に参加しよう。
・ギリギリの挑戦を勝ち抜き、金メダルをゲットしよう。

伝説を築け

・オリンピック選手になる道を体験しよう。
アルプスや日本を旅し、各地で新しいチャレンジをしながらトレーニングを重ねて、オリンピックの予選に備えよう。
・最高のウインタースポーツ競技に出れるように道を切り開き、新しいオリンピックスポーツを発見してマスターしよう。

ユニークな山々を発見しよう

舞台は日本と韓国
・日本の深い雪山を楽しみ、ユニークな景色を走り抜けろ。
・友達やコミュニティとチャレンジで競い、リーダーボードのトップを目指せ。
・感動的な滑りと忘れられない瞬間を体験しよう。

「スティープ ロード トゥ ザ オリンピック」拡張パックをプレイするには「スティープ」本編が必要です。

スティープ ロード トゥ ザ オリンピック

 「スティープ」は広大なアルプスの雪山を舞台に、4つのエクストリームスポーツが体験できる、オープンワールド×エクストリームスポーツゲームとして2016年12月22日に発売しました。

 本作「スティープ ロード トゥ ザ オリンピック」は「スティープ」の拡張パックで、オリンピックチャンピオンになる体験ができます。
 日本をモチーフにしたオープンワールドの山々で、2018年平昌(ピョンチャン)オリンピックの予選の練習をし、オリンピック選手となって競技に出場することができます。
 「スティープ ウインター ゲーム エディション」は2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックの公式ライセンス製品です。

 冬季五輪の競技種目であるスキーハーフパイプ、スノーボードハーフパイプ、ビッグエア、グランドスラム、ビッグエア、ジャイアントスローム、ダウンヒル、スーパーGなど、様々なフリースタイルやアルペンの競技を楽しむことができます。
 更に、本拡張パックには、日本の著名な山々も収録。遊びの幅が一気に広がります!
 ディレクターモードでビデオを自由に作成、編集、SNSに投稿する事も可能に!!

喫茶板東の『STEEP(スティープ)』インプレッション at UBIDAY2017

 オープンワールドのウィンタースポーツゲーム。試遊台では、12月に配信予定の拡張パックより、スノボとスキーの2レースをプレイすることができた。
 スノボはどうやらトリックでスコアを競うモードで、ジャンプポイントがある短いコースにて挑戦。が、スポーツゲームが大の苦手な筆者は、操作やルールに戸惑い四苦八苦。どうやら右トリガーでジャンプして右スティックでトリックを出す、ということは分かったものの、着地がうまくいかず転んでしまい、点数はボロボロ。やっぱりリアルなスポーツゲームは、それ相応に練習しないとカッチョよく滑れないものなのです。
 なーんて落ち込みつつ、つぎのスキー(ダウンヒル)をプレイしてみたところ、今度は上手にプレイできた! こちらは急斜面のコースに立てられたフラッグの間を滑っていくレースで、スポーツもスキーのためか、レースゲーム感覚でプレイ可能。直線は前のめりでスピード感を堪能でき、カーブはスキーらしく小回りもきいて、気持ちよく旋回できる。こうなってくると、もっとうまく滑りたくなるもので、テレビでよく見るように、フラッグギリギリを狙って早く滑ろうとしたところ、コースアウトして無念のリタイアとなってしまった ガーン! 製品版ではスノーボードクロスやハーフパイプなど、さらにいろいろな競技が楽しめるようなので、今回のスノーボードの雪辱を是非とも果たしたいところ。

写真はUBIDAY2017のもの。



(C) 2017 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. The Steep logo, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries. TM USOC 36USC220506. (C) 2017 International Olympic Committee (“IOC”). All Rights Reserved. Licensed by IOC to Ubisoft Entertainment.
※画面は開発中のものです。