2017年10月9日、東京・渋谷ヒカリエホールにて開催中のユービーアイソフトの一大イベント“UBIDAY2017”。同イベント内で行われた『ゴーストリコン ワイルドランズ』のPvPモード“ゴーストウォー”のメディア対抗戦のリポートをお届けする。

 皆さん、こんにちは。ファミ通.com編集部の北埜トゥーンです。2017年10月9日、東京・渋谷ヒカリエホールにて開催中のユービーアイソフトの一大イベント“UBIDAY2017”。同イベント内で行われた『ゴーストリコン ワイルドランズ』のPvPモード“ゴーストウォー”のメディア対抗戦にファミ通.comの代表としてライターのBRZRKと出場してきました。

 リポートに入る前に、『ゴーストリコン ワイルドランズ』について軽く説明しておくと、同作はユービーアイソフトより発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト。アメリカ政府の要請により、世界中のあらゆる紛争地域に赴く特殊部隊“ゴースト”の活躍を描くオープンワールドのアクションシューター。10月10日配信予定の無料アップデートにより、4対4による対戦モード(PvP)“ゴーストウォー”が追加されます。“ゴーストウォー”の詳細は、関連記事をチェックしてください。

 今回のイベントでは、先日実施された同モードのオープンβテストのバージョンを使用して、ファミ通.com、電撃、Game*Spark、GAME Watchの4媒体が2チーム(各媒体2名ずつ参加)に分かれて対戦を行いました。チーム分けは事前の抽選で、ファミ通.com&Game*Spark 対 電撃&GAME Watchに決定。ルールは、5ラウンドのうち先に3ラウンド制したチームの勝利という内容。勝利すると、読者プレゼント用のグッズセットの内容が豪華になるということで、記者を含めた全員が本気モードでした。

 肝心の結果はというと、3対0で見事、勝利しました。こういったメディア大会などに初参加&読者プレゼントがかかっているということで緊張しまくりでしたが、なんとか勝利できてよかったです。獲得したグッズセットは、後日、プレゼント予定なのでお楽しみに!