ユービーアイソフトは、2017年10月5日発売予定のプレイステーション4用ソフト『スナイパー ゴーストウォリアー3』について、開発者が作品の魅力を語るトレーラーの第3弾として、“チャレンジモード”を解説するトレーラーを公開した。

 ユービーアイソフトは、2017年10月5日発売予定のプレイステーション4用ソフト『スナイパー ゴーストウォリアー3』について、開発者が作品の魅力を語るトレーラーの第3弾として、“チャレンジモード”を解説するトレーラーを公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

 ユービーアイソフト株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長スティーヴ・ミラー)は、CI Games制作のミリタリーシューターゲーム『スナイパー ゴーストウォリアー3』の開発者が語るトレーラー第3弾を公開いたします。全部で3つある開発者が本作の魅力を語るトレーラーの第3弾はスナイパー ゴーストウォリアー3の「チャレンジモード」です。

 シリーズ待望の高難易モード「チャレンジモード」についてプレイ動画と共に解説しています。HUDの表示はなく、ドローンで索敵した際も敵のマーキングは一時的にしか付かず、プレイヤー自らの脳内に敵の位置をインプットする必要があります。敵にも見つかりやすくなっている全てにおいてリアルを追求したチャレンジモードを是非プレイしてみてください。