ロックスター・ゲームスが開発中の西部劇オープンワールドアクション『レッド・デッド・リデンプション2』の新動画が公開された。

「お前の母さんは父さんの喪が明けても喪服を脱げないかもな……お前を弔うために」

 ロックスター・ゲームスが2018年春にプレイステーション4とXbox Oneで発売予定の西部劇オープンワールドアクション『レッド・デッド・リデンプション2』の新トレイラーが公開された。

 解説文によると今回の動画では、アメリカ中部をさすらう無法者アーサー・モーガンなる人物を中心に、お尋ね者である彼と“ダッチギャング”(原語ではThe Van der Linde gang)の生き残りをかけた戦いを描いている。
 「3つの州から保安官が追ってきている」といった状況や、「もう一人必要だな」と映画「荒野の七人」のように大仕事のための仲間を調達する様子なども触れられており、ここからどうなっていくのか気になるところ。
 なお執筆時点ではYouTubeで公開されているものは英語版だが、公式サイトに掲載された動画では日本語字幕付きで公開されている。(※29日0時40分更新:YouTubeでも日本語版が公開された)

恐らくこれが中心となるアーサー・モーガン。
“ダッチ”と呼ばれる男。原語のギャング名からすると恐らくオランダ系移民。
「もう一人必要だな」と語る、アフリカ系(またはネイティブ・アメリカン)の男。
酒場で男にナイフを突き立てる強気な女性キャラ。キーアートに映る女性のシルエットは恐らく彼女だろう。
銀行と思われる場所の襲撃シーン。
湿地帯で夜の襲撃?
狩り要素は健在の模様。何気に弓矢を使っている。