叶美香さんのセクシー綱手に来場者は釘付け! “NARUTO・BORUTO 忍ボルVSシノスト 最新ゲームステージ”は大盛況だってばさ!【TGS2017】

24日のバンダイナムコエンターテインメントブースでは、“忍ボルVSシノスト 最新ゲームステージだってばさ!”と題されたイベントステージが開催された。その模様をリポートしよう。

豪華ゲストの登壇でイベントはスタート!

 2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。24日のバンダイナムコエンターテインメントブースでは、“忍ボルVSシノスト 最新ゲームステージだってばさ!”と題されたイベントステージが開催された。その模様をリポートしよう。

 オープニングで登場したのは、司会と、ゲストの平成ノブシコブシ。イベントスタートのあいさつのあとは、さっそく最初のタイトルiOS/Android用ゲームアプリ『NARUTO X BORUTO 忍者BORUTAGE』の紹介コーナーとなった。ここで同作プロデューサーの戸井田健一氏が、“はたけカカシ”に扮して登壇し、加えてスペシャルゲストとして、叶美香さんがセクシーな“綱手”のコスチュームで登場。
 「『NARUTO』は世界的にも有名な作品ですよね。今回、綱手というキャラクターに扮するというお話をいただいてから、さらに綱手の部分を研究しました」と、叶さんはあいさつ。

オープニングで平成ノブシコブシ、続いて戸井田プロデューサーと叶さんが登壇。

 ゲーム紹介では、まずPVが流されたのちに、戸井田氏より多彩なアクションや、プレイヤーが自由に砦を作れるシステムといったゲーム内容がアピールされた。本作では、全国のプレイヤーと腕を競ったり、協力してのマルチプレイも可能で、多彩な忍者が、今後も続々登場する予定となっている。

『NARUTO-ナルト-』の世界観を再現したスマホアプリだ。

動画やパワーポイントで、作品の魅力が紹介された。

 続いては実機を用いたプレイの説明を受けて、平成ノブシコブシの吉村崇さんが、120秒という制限時間内でのステージクリアーにチャレンジすることに。チャレンジは順調に進むも……、なんと機材のアクシデントでプレーが中断。しかし主催側の落ち度ということでクリアーと認定され、ご褒美として『NARUTO X BORUTO 忍者BORUTAGE』プレイヤー全員に、“忍晶石”がプレゼントされることが発表された。

吉村さんの活躍で、“忍晶石”がみんなの手に!

オンラインで広がる『NARUTO-ナルト-』の新境地!

 ふたつ目に紹介されたタイトルは、プレイステーション4用ソフト『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』。こちらもプロデューサーの新野範聰氏が、“七代目火影”となって登壇し、ゲーム内容をみずから説明した。
 本作の特徴は、オンラインで4vs4のバトルが楽しめること。また、自分なりのキャラクターを作成して参戦できる、アバターモードも大きな魅力となっている。

新野プロデューサーも、しっかりコスプレで登場。

プレイステーション4ならではの美麗なPVが披露された。

オンラインならではのお楽しみ要素が大きな魅力だ。

 ゲーム紹介のあとは、『NARUTO X BORUTO 忍者BORUTAGE』同様に、ゲームプレイのコーナーに。ここでは開発スタッフも交じり、4vs4で“旗取り合戦”に挑む運びになった。叶さんはしっかり壁走りを決め、平成ノブシコブシのおふたりもしっかり旗を奪取するなど大健闘。結果は、吉村さんがいるチームが見事に勝利を収めた。

4vs4の対戦プレイでは、吉村さんが大活躍を見せた。

 ここでイベントはひと段落となり、続いてはQ&Aコーナー。事前にユーザーから寄せられた質問に、ゲスト開発陣が答えた。抜粋して以下に紹介する。

■『NARUTO X BORUTO 忍者BORUTAGE

Q 尾獣達は出ますか?
A 出てくるようになる予定です(戸井田氏)。 

Q ストーリーモードはありますか?
A 作品の名シーンを追想できるようなモードを用意しています(戸井田氏)。

■『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー

Q オフラインでも楽しめますか?
A もちろん可能ですが、仲間とワイワイ楽しんでいただくことを想定していますので、ぜひオンラインで遊んでいただきたいですね(新野氏)。

Q ストーリーモードなどはあるのですか? あれば、ゲームオリジナルですか?
A ございません。プレイヤーの方々が、自分の物語を作っていただければいいなと思っています(新野氏)。

ユーザーの疑問にプロデューサーが返答。

 ラストはキャンペーンなどの情報が告知されて、イベントは幕となった。登壇者のコメントを紹介して、リポートを締めくくろう。

・叶美香さん
ゲームをプレイさせていただいて楽しく、あっという間でした。ありがとうございました。

・平成ノブシコブシ/徳井さん
みんなのやる気も、美香さんの額のチャクラのように開眼したと思っています。

・平成ノブシコブシ/吉村さん
世代も男女も関係なく楽しめるという、すごい画期的なゲームだと思います。購入して、美香さんのお家にいっていっしょに遊びたいと思います。

・戸井田健一氏
残念ながら実機プレイでトラブルがありましたが、今後も事前登録は受付中ですので、情報は公式HPなどで公開させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

・新野範聰氏
これまでのシリーズとは違うコンセプト作られています。いろいろな挑戦もしています。まだ発売までにはちょっと時間がありますが、注目していただければと思います。

キャンペーンなどの最新情報は、公式HPなどでチェックしよう。

5人のフォトセッションでイベントは幕となった。