9月23日、東京ゲームショウ2017のプレイステーションブースでは、『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』 TGS2017 頂上決戦(エキシビションマッチ)が行われた。

 2017年9月21日(木)~9月24日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ 2017(21日・22日はビジネスデイ)。プレイステーションブースでは9月23日に、発売中のミリタリーFPS『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』TGS2017 頂上決戦(エキシビションマッチ)が開催された。

 出場チームは、SCARZとRush CLAN。両チームは、JEC 2017 CoD:IW e-Sports決勝でも対決しており、注目の対決カードとなった。実況・解説は呉圭崇さん、アシスタントに松嶋初音さんが登場した。

SCARZは上からHunt選手、GP選手、Nico選手、ALIKE選手。Rush CLANはGreedZz選手、WinRed選手、Ngt選手、Nami選手が参戦。

 第1試合のルールはハードポイント。序盤から中盤はポイントが並んでいたが、徐々にポイントを盛り返していくRush CLAN。全体的に個人技が目立つRush CLANに、SCARZは押され気味。裏取りを積極的に狙うも、なかなかキルを取ることはできず、さらにポイント差が広がってしまった。最終的には、250-151と大きくポイント差を付けたRush CLANが勝利となった。

 第2試合目、ルールはサーチ・アンド・デストロイ。序盤は、SCARZが2-1と粘りを見せるも、撃ち合いに勝てず苦戦を強いられる。第2試合の見どころは、第6ラウンドでのNgt選手の活躍だろう。4人対1人という圧倒的不利な状況のなか、つぎつぎとキルを達成し、4キルで見事逆転勝利。このスーパープレイに、観客席からは大きな歓声が沸いた。勢いに乗ったRush CLANはそのままラウンドを取り続け、結果6-2でRush CLANが連勝となった。

 最終試合となる3試合目のルールは、アップリンク。先制点をとったのはRush CLAN。第1ラウンドは2-0で守備に成功する。しかし第2ラウンドで、SCARZが立て続けにボールを投げ入れ、2点を獲得。最後は4-4と同点に持ち込み、オーバータイム(延長戦)に持っていく粘りを見せた。

 オーバータイムではSCARZが先制するも、その後はRush CLANに裏取りでキルを取られ、なかなか前に進めない状況に。見事な連携でSCARZを全滅させたRush CLANは、そのスキにボールをゴールまで運ぶ。最後はNami選手が敵に撃たれながらもボールを投げ入れ、見事点数を獲得! 結果、3-0でRush CLANがエキシビジョンマッチを制した。

 JEC 2017 CoD:IW e-Sportsに引き続き、Rush CLANが勝利を収めたTGS2017 頂上決戦。Rush CLANの猛攻に終始押され気味だったSCARZは、なかなか試合のペースを掴めなかったように見えた。
 11月3日には『コール オブ デューティ ワールドウォーII』の発売が控えており、つぎの対決では『コール オブ デューティ ワールドウォーII』を使用した試合が見られるだろう。『CoD: IW』のスピーディーで縦方向も使った立ち回りとはガラッと変わり、地に足付けた戦いになる『コール オブ デューティ ワールドウォーII』ではどんな立ち回りを見せてくれるか、いまから楽しみだ。

 なお、10月7日より、“PlayStation Plus presents 「ESL Japan Cup」”にて『CoD: IW』ESL Japan CUP #13が開催されることが明らかに。『CoD: IW』ESL Japan CUP #13では、PS4のシェア機能を使用した投稿企画“ベストモーメント賞”を用意しているとのこと。参加費は無料となるので、ぜひ気軽に参加してみてはいかがだろうか。